犬がカリカリを食べない!そんな時に役立つ5つの秘策

犬がカリカリ(ドライタイプのドッグフード)を食べてくれない原因のほとんどが、「わがまま」です。犬は一度ジャーキーや缶詰の美味しさを知ってしまうと、カリカリを食べなくなってしまいます。

ワンちゃんの食に対する執念は私たちの想像以上に強いですし、頑固です・・・一旦カリカリを食べなくなってしまったら、再び食べさせるようにすることは中々難しいです。

スポンサードリンク

また、カリカリを食べないからといって、他のものをあげてしまうと、「カリカリを食べずに我慢したら、もっと美味しいものが出てくるんだ!」と学習し、ますますカリカリを食べなくなってしまいます。

「ご飯がカリカリだけなんてかわいそう」・・・そう思ってジャーキーなどのおやつを与えてしまう飼い主さんは多いですが、カリカリの多くは犬の栄養バランスを考えて作られています。

逆に缶詰やジャーキーなどはワンちゃんの体に良くない添加物が入っていることも多いので、ワンちゃんの健康を考えるなら、カリカリだけの方がむしろ良いのです。

そこで今回は、犬がカリカリを食べない時の対処法を5つ紹介します。根気良く実践して、ワンちゃんがご飯の時にカリカリを鳴いて欲しがるくらいにさせてあげましょう!

photo by Soggydan Benenovitch

ふやかして与える

カリカリを全く食べる気配がない時は、ぬるま湯などでカリカリをふやかしてみましょう。ふやかしたカリカリは柔らかく、匂いも強くなるので、案外あっさり食べてくれるかもしれません。

トッピングを混ぜる

ふりかけなどのトッピングを混ぜることで、カリカリも一緒に食べてくれることもありますが、根本的な解決になっていないので、これはあまりおすすめの方法ではありません。

トッピングを混ぜたら食べる=トッピングがなければ食べない、ということなので、あくまで一時しのぎの方法と言えます。また、慣れてくるとカリカリを避けてトッピングだけ食べる・・・という恐れもあります。

スポンサードリンク

缶詰フードを混ぜる

こちらもトッピングと同じで、一時しのぎにしかならないのであまりおすすめの方法とは言えません。ただ、どうしてもという場合には、混ぜる量をだんだん少なくしていく前提で与えるのはアリかもしれません。

食べなかったらすぐ片付ける

ご飯を食べるまで出しっぱなしにしているとワンちゃんは、「ご飯はいつでも食べれるんだ」と思ってしまいます。

ご飯を与えるときには、ご飯を与える時間を10分〜15分と決めて、食べなかったらさっさと下げることが大切です。わがままで食べない時も、本当に食欲がない時も関係なくです。

ワンちゃんに、「ご飯はすぐ食べないと下げられてしまう」と認識させることが重要なのです。

カリカリ以外のものを一切与えない

一番効果的な対策がこれです。カリカリ以外のものを一切与えない・・・最初にお伝えしましたが、ワンちゃんがカリカリを食べない原因のほとんどが「わがまま」です。

ワンちゃんは、「カリカリを食べなかったら、美味しいものが食べれる」ということをよ〜く分かっています。ですので、カリカリを食べさせたかったら、カリカリだけを与えるのが一番です。(ストレス解消のための骨ガムや、歯の健康のための歯磨きガムなどはアリです)

我慢比べが必要ですが、ワンちゃんはカリカリしか食べれないと分かると、最初はしぶしぶですが食べてくれるようになります。犬は丸1日くらいは何も食べなくても大丈夫な生き物ですので、根気良く取り組んでみてください。

ここでも、食べないからといってカリカリを出しっぱなしにするのはやめましょう。食べなかったらサッと下げる!これが大切です。ただ、ワンちゃんが病気になってしまっては本末転倒ですので、様子を見ながら行うようにしましょう。

まとめ

以上今回は、犬がカリカリを食べない時の対処法を5つ紹介しました。

・ふやかして与える
・トッピングを混ぜる
・缶詰フードを混ぜる
・食べなかったらすぐ片付ける
・カリカリ以外のものを一切与えない

一度ジャーキーや缶詰の美味しさを知ったワンちゃんに、カリカリを食べてもらうには根気が必要です。根気良く取り組めば、ワンちゃんがカリカリを喜んで食べてくれる日はきっと来ます!

「かわいそう・・・」という気持ちを抑えて、取り組んでみてくださいね♪

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。