ソフトドライのドッグフードを犬に与えない方が良い理由3つ

ソフトドライのドッグフードは、水分含有量が 25%〜35%程度あり、店頭では「しっとり」「ソフト」といった表現で売られていることが多いです。

口当たりが良く柔らかいため、子犬や高齢犬でも食べやすいドッグフードです。また、嗜好性が高くワンちゃんの食いつきも良いので、ついつい与えている飼い主さんも多いと思います。

しかし、ソフトドライのドッグフードは与えすぎるとワンちゃんの健康を害してしまう恐れがあるので注意が必要です・・・

スポンサードリンク

ソフトドライを犬に与えてはいけない3つの理由

添加物が含まれている

ソフトドライのドッグフードをおすすめしない一番の理由がこれです。ソフトドライのドッグフードは、減菌処理されている缶詰ではなく袋詰めの商品が多いため、防腐剤や酸化防止剤などの添加物が含まれていることがほとんどです。

また、ホームセンターなどで売られているソフトドライのドッグフードのほとんどは、その原材料も低品質のものが多くあまりおすすめできません。

添加物や犬の体に悪い食材は、アレルギー反応を起こし皮膚炎や嘔吐・下痢などを引き起こし、ワンちゃんの健康を害してしまいます。

【参考:飼い主なら知っておきたい!犬のアレルギーの主な症状まとめ

スポンサードリンク

日持ちしない

水分含有量が多いという製品の特性上、長期保存が難しく日持ちしません。その問題を少しでも解決しようと、防腐剤などの大量の添加物が使用されているのが実情です。

また、ソフトドライのドッグフードは袋詰めされているものが多く、封を開けてそのままにしていると空気に触れてすぐに品質が低下してしまいます。ジップロックや真空容器に詰め替えるなどして、ドッグフードの酸化を防ぐ必要があります。

【参考:密封できて湿気ない!犬おやつの保存に最適な入れ物・ケース

カロリーが高い

ソフトドライのドッグフードは、その製法上カロリーが高くなる傾向にあります。ワンちゃんが嬉しそうに食べるからといって与えすぎると、犬が肥満になる恐れがあります。

犬の肥満は様々な病気につながる恐れがあるので、極力避けたいところです。自然派食材を使った手作りフードはワンちゃんの健康に優しく、ヘルシーで水分を多く取れるものもあるのでおすすめです。

【参考:犬のおやつはやっぱり手作りが安心!簡単おすすめレシピ集

【参考:肥満に悩むワンちゃん必見!犬のおすすめダイエット方法5つ

まとめ

以上今回は、ソフトドライのドッグフードを犬に与えない方が良い理由を3つ紹介しました。

・添加物が含まれている
・日持ちしない
・カロリーが高い

ワンちゃんの健康を考えるなら、ソフトドライのドッグフードは、しつけやご褒美の時だけ、たま〜に与える位で良いと思います。ぜひ参考にしてみてください♪

ドッグフードの達人

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。