ドッグフードの原材料と成分

犬に白米を食べさせても大丈夫?白米に含まれる栄養成分や適切な食べさせ方について徹底解説

犬に白米を食べさせても大丈夫?

※本ページにはPRが含まれます。

愛犬に白米を与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。

白米はたまにドッグフードに含まれていますし、日本人にとってはとても身近な食材です。主食にしている人が多いと思います。

なので、愛犬にも白米を与えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では「犬に白米を与えるときに必要な知識」について解説していきたいと思います。

犬に白米を食べさせても問題はない

結論を申し上げると、ワンちゃんに白米を食べさせても問題はありません

白米もといお米は、でんぷん(糖質)や食物繊維、ビタミンといったワンちゃんの健康に作用する栄養が豊富に詰まっています

いずれも、ワンちゃんの健康維持に役立つうえ、ドッグフードだけでは不足しがちな栄養を補給することができます。

またお米には、老化を防止する効果、疲労を回復する効果、神経の機能を正常化する効果も含まれています。

ただし、お米はワンちゃんの健康にいい作用を持っていますが、口にするワンちゃんは、お米の消化が得意ではありません。

加え、生米を与えてしまうと、消化不全を起こす恐れがあります。

なので、ワンちゃんに白米を食べさせるときは、ブレンダーやミキサーで細かくしてあげたり、水分大目で炊き上げたものをあげるのが消化に優しいです。

白米に含まれている栄養成分


白米に含まれている主な栄養素は以下の通りです。

成分名成分量(100gあたり)
水分83g
たんぱく質1.1g
炭水化物15.7g
でんぷん14.7g

[出典:食品成分データベース(文部科学省)]

➀水分

白米の約83%は水分で構成されています。そのため、白米は犬の水分補給としても適しています。

➁たんぱく質

たんぱく質は三大栄養素のひとつであり、生きていく上で特に重要な栄養素です。血液や筋肉などの体をつくる主要な成分であり、体内で酵素など生命時に欠かせない物質にも変換されます。そして、エネルギー源になることもあります。

➂炭水化物

炭水化物は脂肪やたんぱく質と並んで三大栄養素のひとつです。ワンちゃんは人間と比べて必要な炭水化物の量が少ないですが、決して不要なわけではありません。

そして、炭水化物はワンちゃんの体内で主にエネルギー源として利用されます。また、すぐ使わない分は体脂肪として蓄積されます。

➃でんぷん

でんぷんとはブドウ糖がたくさんつながったものであり、植物に貯蓄されています。そして、でんぷんは犬にとって大切な炭水化物源です。

犬に白米をあげるときに気を付けること

ワンちゃんの健康にいい作用をもたらしてくれる白米も、1日に必要なエネルギー量を考えずに与えすぎてしまうと、ワンちゃんの健康を損ねてしまう恐れがあります。

ここでは、ワンちゃんに白米を食べさせるときに気を付けることを紹介します。

与えすぎは消化不良の原因になる

白米は、ワンちゃんにとって消化によい食材ではありません。

そのため、白米を与えすぎると消化不良の原因になってしまい、下痢や嘔吐などが引き起こされてしまう可能性があります。

また、白米には炭水化物が多く含まれていて、カロリーもそこそこあります。

そのため、白米を与えすぎてしまうと肥満になってしまうかもしれません。

人肌程度に冷ましてから与えること

ワンちゃんに白米を食べさせるときは、常温まで冷ましたものを食べさせるようにしましょう。

炊き立てのものをワンちゃんに食べさせると、口内をやけどしてしまう恐れがあります。

また白米を冷まし過ぎると、実が硬くなってしまい、消化不全を引き起こす原因になります。

一度硬くなった白米に、熱を加えても柔らかくなりません。

なので、白米が炊き上がったら、人肌程度まで冷ましてから与えるようにしましょう。

お米アレルギー発症のリスク

世の中にあるあらゆる物質はアレルゲンになる可能性があります。

そのため、白米の場合もアレルギーには注意する必要があります。

白米をはじめて与える場合、少量を与えるべきでしょう。

そして、嘔吐、下痢、かゆがる、発疹などアレルギーと思われる症状が出た場合には、白米のアレルギーを疑ったほうがいいかもしれません。

生米も消化不全の原因になる

生の白米は、人も消化できないため食べませんが、ワンちゃんも生米は消化できません。

そのため、ワンちゃんにも生の白米は与えないようにしましょう。与えてしまうと下痢や消化不良の原因になってしまう恐れもあります。

また、ワンちゃんには生に近い白米も与えるべきではありません。

糖質制限を受けている犬

水分を抜いて考えると、白米には約77%もの糖質が含まれています。

そのため、白米は糖質制限を受けている犬には適していません。

とぎ汁には有害物質が含まれている恐れがある

私たちがお米を研ぐのは、白米についている汚れや虫や農薬などを落とすためです。

そして、とぎ汁を作物や植物に肥料として与える場合もあると思います。

しかし、とぎ汁をワンちゃんに与えるのは絶対にやめましょう

とぎ汁は明らかに犬の体に良くないものです。

犬に白米を食べさせる方法

ワンちゃんに白米を食べさせても問題はありませんが、白米を含め、穀物の消化が得意じゃありません。

適切な水分量で炊き上げた白米でも、消化不全を起こす可能性があるので、多めの水で炊き上げたおかゆに近い状態の白米を、フードプロセッサーやミキサーなどでペースト状にしてから与えるのがいいでしょう。

健康的なワンちゃんはもちろんのこと、胃腸が弱い子や、体調が悪い子でも無理なく消化できます。

またワンちゃんに与えるときは、塩などの味付けは不要です。

犬に食べさせてもいい白米の適切量

そして、手作りフードで主食として与える場合、1日当たりの適量は体重5㎏の犬なら300gほどです。

ただ、適量は個体によって異なります。愛犬にとってベストな量を見極めてあげましょう。

そして、初めて与えるときにはごく少量にしましょう。アレルギーの可能性もありますし、白米が犬の体質に合ってない可能性もあるからです。

きなこ
きなこ
白米は犬にとってよい炭水化物源になります。

犬に白米を食べさせるときは少量に留めること

ワンちゃんに、白米を食べさせても問題はありません。

白米には、ワンちゃんの健康にいい方面に作用する成分が豊富に含まれているだけじゃなく、活動に必要なエネルギーも豊富に含まれています。

しかし、一度にたくさんの白米を食べさせてしまうと、エネルギーの摂り過ぎによって肥満の原因になるほか、消化不全による下痢や嘔吐、最悪の場合、アレルギーを発症する恐れがあります。

ワンちゃんの健康を管理する責任者として、1日の摂取エネルギー量から適切な量に留めてから与えるようにしましょう。

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬に「カニ」を与えるときの全知識|アレルギーは大丈夫?

2018年10月18日
ドッグフードの達人
愛犬にカニを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えは条件付きのイエスです。   ドッグフードにカニが使われていることはないと思いますが、カ …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬に「豚肉」を与えるときの全知識|脂身やアレルギーに注意

2023年7月8日
ドッグフードの達人
犬は豚肉を食べても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。 豚肉がドッグフードの主原料として使われることはまれですが、原材料の中には …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬にいちじくはダメ!理由・症状・対処法などを徹底解説

2018年10月25日
ドッグフードの達人
愛犬にいちじくを与えてはいけません。 いちじくは身近な果物で、フルーツとして食べたことがある人も多いと思います。しかし、いちじくは犬に …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬に「チーズ」を与えるときの全知識|塩分は大丈夫?

2018年10月12日
ドッグフードの達人
愛犬にチーズを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。   ドッグフードにチーズが含まれていることはまれですが、人間は頻繁にチ …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬にたまねぎはダメ!理由・症状・対処法などを徹底解説

2023年6月29日
ドッグフードの達人
愛犬にたまねぎを与えてはいけません。 たまねぎはとても身近な野菜で、毎日の料理に使用しているという人も多いと思います。しかし、たまねぎ …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬にジュースは良くない!その理由・対処法などを徹底解説

2018年10月31日
ドッグフードの達人
愛犬にジュースを与えるのはおすすめできません。 私たちにとってジュースはとても身近な存在ですよね。飲食店に入ったらジュースを頼む人が多 …