ドッグフードの酸化防止剤「ローズマリー抽出物」についての全知識

ドッグフードの原材料/成分

ローズマリー抽出物は比較的安全な酸化防止剤です。

ローズマリー抽出物は少し高めのドッグフードによく使われている印象があります。名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、細かいことについて知っている人は少ないのではないでしょうか。

そこで、この記事では「ローズマリー抽出物についての全知識」について解説していきたいと思います。

比較的安全で強い抗酸化作用を持つ酸化防止剤

ローズマリー抽出物とは、文字通りローズマリーの葉から抽出されたエキスです。

天然由来の酸化防止剤でありながら、強い抗酸化作用を持っています。

そのうえ、ローズマリー抽出物は食材の味やにおいに影響を与えず、熱にも強いと言う特徴があります。

ただ、ローズマリー抽出物はてんかんのある犬には適していません。

そもそも酸化防止剤って何?


そもそも酸化防止剤とは、物質の酸化を防ぐために配合される成分です。

犬はもともと肉食の生物なので、ドッグフードには肉類が多く含まれています。肉類にはもちろん油が含まれていますが、油は酸化しやすい物質です。光や酸素などに触れてしまうとすぐに酸化してしまいます。

そして、酸化するとドッグフードの味が落ちてしまい、食いつきも悪くなってしまいます。また、嘔吐や下痢などが引き起こされてしまうこともあります。

これを防ぐのが酸化防止剤です。酸化防止剤は物質の酸化を防いでくれるのです。そして、酸化防止剤には天然由来のものと化学的に合成されたものがあります。ローズマリー抽出物は天然由来の酸化防止剤のひとつです。

ローズマリー抽出物の概要

ローズマリー抽出物は、文字通りローズマリーの葉から抽出されたエキスです。動物性油脂と植物性油脂の両方の酸化を防ぐことができます。粉末であり、黄色がかったあわい茶色をしているのが一般的です。

天然由来の酸化防止剤でありながら、強い抗酸化作用を持っています。その抗酸化作用は化学的に合成された酸化防止剤であるBHTよりも強いと言われています。

そのうえ、ローズマリー抽出物は食材の味やにおいに影響を与えず、熱にも強いと言う特徴があります。製造の途中で高温で熱する工程があることが多いドッグフードにとって、熱に強い酸化防止剤はとても役立ちます。

 

そして、ローズマリー抽出物は天然由来の酸化防止剤のひとつであるミックストコフェロールと相乗効果もあります。つまり、ローズマリー抽出物とミックストコフェロールを一緒に添加すると、より高い抗酸化作用が期待できるのです。

そして、ローズマリー抽出物は人間の食品にも広く利用されています。

ですが、ローズマリー抽出物は比較的高価な酸化防止剤なので、比較的高めのドッグフードに使われる傾向があります。

ローズマリー抽出物の効果

ローズマリー抽出物にはロスマリン酸、カルノソール、カルノシン酸などのポリフェノールが含まれています。

ちなみに、ポリフェノールは植物が光合成をするときに、紫外線から身を守るために自ら生成する物質の総称です。ポリフェノールには強い抗酸化作用があります。

つまり、犬の体を若々しく保つのに役立つのです。

 

また、食材を120℃以上で調理するとアクリルアミドという有害な化学物質が発生するのですが、ローズマリー抽出物にはこれを抑える作用があります。

ローズマリー抽出物の注意点

ローズマリー抽出物はてんかんのある犬には適していません。ローズマリー抽出物に含まれているカンファーという成分がてんかん発作を引き起こす可能性があるからです。

ドッグフードの達人
ローズマリー抽出物は比較的安全で強い抗酸化作用を持つ酸化防止剤です。
スポンサードリンク