ドッグフード『銀のさら』の口コミ評判まとめ/原材料分析も

ユニチャームが販売を手掛けるドッグフード『銀のさら』の成分と原材料を調べてみました。また、記事の後半では実際に「銀のさら」を使用したみんなの口コミや評判も紹介しています。

「銀のさら」を購入する時の参考にどうぞ。

 

スポンサードリンク

「銀のさら」とは?

スクリーンショット 2015-09-05 12.15.33
[出典:amazon.co.jp]

参考価格
1188円(1.6kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約742円
生産国 日本
酸化防止剤 ◯(トコフェロールほか)
着色料 ×赤色106号黄色4号ほか)
穀物 ×小麦粉トウモロコシ等)

「銀のさら」を販売する『ユニチャーム』は、「銀のさら」意外にも「愛犬元気」や「ベストバランス」などのドッグフードを販売していますが…中身を調べたところ、どちらも残念な結果となりました。

【参考:愛犬元気の原材料・成分を徹底分析!愛犬家が買わない理由も】

【参考:ドッグフード『ベストバランス』の口コミ評判/原材料まとめ

このことから、「銀のさら」も同じようなことが言えそうですが、実際はどうなのでしょうか?次の項で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

「銀のさら」の成分/原材料

それでは早速、「銀のさら」の成分と原材料をみていきましょう。今回は、銀のさら『ビーフ・鶏ささみ・緑黄色野菜・チーズ入り』を例に、その成分と原材料を見ていきたいと思います。(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:穀類(小麦粉トウモロコシ等)、糖類(ブドウ糖果糖液糖ショ糖)、肉類(ビーフミールチキンエキスパウダーチキンミールササミパウダー等)、動物性油脂、豆類(脱脂大豆等)、フィッシュミール、ビール酵母、野菜類(ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、チーズパウダー、プロピレングリコール、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、リン、亜鉛)、グリセリン、乳化剤、保存料(ソルビン酸K)、リンゴ酸、調味料、増粘安定剤(アルギン酸エステル)、着色料(二酸化チタン赤色106号黄色4号黄色5号青色1号)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

スクリーンショット 2015-09-05 12.17.04
[出典:http://pet.unicharm.co.jp/]

評価Eランク

「銀のさら」の原材料には、犬にとって好ましくないものが多く使用されています。一つずつ詳しく見ていきましょう。

主原料が「穀物」「糖類」「ミール系肉類」

「銀のさら」は主原料に「穀物」「糖類」「ミール系肉類」が使用されています。

「穀物」は肉食動物である犬にとって本来必要のない栄養素です。必要ないばかりか、小麦粉やトウモロコシは、犬がアレルギーを発症しやすいため注意が必要です。

「糖類」も同様に、たくさん配合することで「食いつき」は良くなるかもしれませんが、犬にとっては「糖尿病」など病気のリスクが高まるだけで、良いことは一つもありません。また、「銀のさら」以外のドッグフードを食べなくなる恐れもあります。

「ミール系肉類」も愛犬家が嫌う原材料の一つです。肉副産物(内臓や血液・トサカ・羽根など)を混ぜて作られているものも多く、実際に何が入っているかは不明です。

病死・事故死した家畜や、汚染された血液・糞尿なども一緒になっている可能性もあるため、犬の健康を考えるなら避けたい原材料です。

■参考:これだけは避けるべき!ドッグフードの危険な原材料まとめ

脂分が「動物性油脂」

「銀のさら」には脂分に「動物性油脂」が使用されています。「動物性油脂」は、動物の油を使用しているというだけで、鮮度も品質も不明の油です。

添加物が危険すぎる

「銀のさら」では添加物に赤色106号などの着色料や、ソルビン酸K(カリウム)などの保存料が使用されています。

着色料はドッグフードの色を鮮やかに見せるために使用されますが、人間の目から見て美味しそうに見えるだけで、犬にとっては何のメリットもありません

メリットがないばかりか、これらの添加物はガンを発症したり、犬が不調になる恐れがあるため注意が必要です。

■参考:【完全保存版】ドッグフードに入っている危険な添加物まとめ

価格が内容に合ってない

「銀のさら」は1kgあたりの価格が700円以上もします。中身は安さがウリのドッグフードとさほど変わりはないように見えるのですが、価格はかなり高めに設定されています。

原材料にはそれほどお金をかけてないと思われるので、広告宣伝費や人件費などにかなりお金をかけていることが予想されます。

「銀のさら」は犬を買っている人であれば一度は目にしたことがある商品だと思いますが、それは品質が良いからでなく、莫大な広告宣伝費をかけているからなのかもしれません。

「銀のさら」の口コミ/評判

それでは、実際に「銀のさら」を使った飼い主さんの口コミ評判を紹介します。みんなの声を参考に、「銀のさら」を購入する時の参考にしてみてください。

やわらかい食感がいいのか食いつきがとても良いです。もう少し大きなパッケージがあると割安で助かるんでが、商品自体がないので仕方がないですね。

カリカリのドライフードは、夏場は食べづらいのか、食が進まなかったのですが、こちらに変えてからは大喜びで、いつも、お皿いっぱい完食です。

愛犬が銀のさらしか食べないので、よく注文します!1.6kg以上があればもっといいのになぁ‥

よく食べますが、高くて今回は急ぎだったので頼みましたが、次はないです。

去年のクリスマスに寿命で亡くなったが、生前飽きないで良く食べていた。今となると懐かしい。

うちのミニチュアダックスの大好物。小分け袋に入っているのもなかなかいい。

小分け包装が便利ですがもっとお徳用ビッグサイズのものがあるといいなあー

最初のうちは食べてくれていましたが、飽きたのか食べなくなりました。

とても良い!よく食べるしこのフードにしてからはウンチもいい感じ色形よく臭いが少なく何より内のわんこのお気に入り試されても損はないかも?

半生タイプのごはんがお気に入りです。食いつきが良く食欲がない時でもこれならよく食べてくれます。

「銀のさら」の口コミは意外にも高評価のものが多く、評判は上々です。特に「食いつきが良い」「これだけは食べてくれる」という声が多い印象です。

食いつきが良いのは、糖分を多く使用しているからなのかもしれませんが、「よく食べてくれる=良いドッグフード」と認識している飼い主さんもいるようです。

まとめ

以上今回は、ユニチャームのドッグフード「銀のさら」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「銀のさら」は、犬にとって不安な原材料が多く使用されているドッグフードで価格もそこそこするということが分かりました。個人的には、「怖すぎて犬に与えることはとてもできない」というのが正直な印象です。

愛犬が何を口にするのかは、飼い主さんの手にかかっています。ドッグフードを買うときは原材料をチェックして、犬に危険なものが入っていないか確認してから選ぶようにしたいですね。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。