ドッグフードの解析

【★2.33】プリンシプルナチュラルドッグフードの口コミとは?アメリカ発祥のドッグフード

※本ページにはPRが含まれます。

プリンシプルは、アメリカのミシシッピ州・アラバマ州の食材を用いたドッグフードです。

「ブリーダーさんに人気だと聞いたことがあるけれど、本当に信頼できるの?」「愛犬とドッグフードとの相性は良いだろうか?」と不安に感じる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、プリンシプルナチュラルを「原材料、成分、価格、安全性、利便性」の5つの項目で評価しています。また、解析結果だけでなく、プリンシプルナチュラルの特徴や評判なども紹介しています。

編集長
編集長
プリンシプルにはさまざまな種類がありますが、今回解析し、ご紹介するのは成犬を対象にした「アダルト」です
当サイトに掲載しているドッグフードの評価は、あくまで運営者の判断に基づいたものであり、その品質を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

詳しくは当サイトの評価基準をご覧ください。

プリンシプルナチュラルドッグフードの解析結果

総合評価:2.33点
(Dランク)

 

原材料
0.00
  • メイン食材の「良質鶏肉粉」の安全性が不明確
  • コーン粗粉、コーン粉末などでも減点

 

成分
3.00
  • 粗タンパク質がやや少なめ
  • 粗灰分の値が不明

 

安全性
5.00
  • 栄養学者が開発
  • 食物安全工場で製造

 

価格
4.50
  • 100gあたり約138円
  • 安いほうに分類される

 

利便性
4.75
  • 定期購入や初回割引はなし
  • 商品バリエーション複数

 

編集長
編集長
解析の結果、プリンシプルナチュラルは、Dランクのドッグフードになりました。
達人
達人
食物安全工場として認定された工場で製造されているほか、ペット栄養学者が開発している点にも安心できるね。多様な商品バリエーションも魅力的。

ただし、第一原材料に、安全性がやや不明確な鶏肉粉が含まれているなど、おもに原材料の面で減点が目立っているよ。

ぜひ、プリンシプルナチュラルよりも総合得点が高いSランクのフードもチェックしよう

\★4.50以上の最優秀フード/

Sランクのドッグフードを
チェック

プリンシプルは、アメリカのミシシッピ州・アラバマ州の食材を用いたドッグフードです。

解析のうえで「評価された点」と「懸念となった点」をまとめると、以下のようになります。

評価された点
小麦やとうもろこし、大豆などのアレルギーを起こしやすい穀物は不使用
価格が安い
重さの種類が複数ある(800g,2.4kg,9kg)
ライフステージに合わせた商品バリエーション
Amazon・楽天で購入できる
ジッパーがついている
懸念となった点
第一原材料が鶏肉粉
コーン粗粉、コーン粉末、コーングルテンミールが使われている
乾燥ビートパルプが使われている
粗タンパク質がやや少ない
粗灰分がやや多い
粗灰分がやや多い
定期購入や初回割引がない
プリンシプルナチュラルの原材料の解析詳細を見る

プリンシプルナチュラルの原材料の得点は0.00点となりました

危険な添加物はありませんが、安全性が曖昧な原材料が複数使われているため、大幅な減点となっています

良質鶏肉粉の減点について
プリンシプルの主原料は良質鶏肉粉です。

良質鶏肉粉には粗悪な原料が用いられている可能性があります。粗悪な原料とは、人間用には認められていないような、いわゆる4Dミートなどです。

このような原料が入っているドッグフードを食べ続けていると、犬の健康に悪影響を与えてしまう可能性があります。

コーン粗粉、コーン粉末、
コーングルテンミールの減点について
コーン粗粉やコーン粉末はとうもろこしを粉状にしたものです。コーングルテンミールとは、とうもろこしからデンプンを取り除いたものです。

これらには糖質が多めに含まれているため、肥満の原因になることがあります。また、アレルゲンにもなりやすいので注意が必要です。

ビートバルプの減点について
乾燥ビートパルプとは、ビートパルプを乾燥させたもののことです。

そして、ビートバルプとは、サトウダイコンの搾りカスのことです。

食物繊維が豊富で草食動物にはぴったりの原材料となりますが、犬のような肉食動物には必要のない栄養素です。

サトウダイコンから砂糖を搾り取る時に使う硫酸系の薬品が残留している恐れがあるので注意が必要です。

天然風味の原点について
天然風味とは、天然の香味料のことです。

ドッグフードに香りをつけ、食いつきをよくするために使用されます。天然風味はあいまいな表記であり、何が含まれているかわからないため、粗悪な原材料が使用されている可能性があります。

原材料の詳細は下記の通りです。

良質鶏肉粉、ライス、コーン粗粉コーン粉末、鶏肉脂肪(酸化抑制剤トコフェロール配合)、コーングルテンミール乾燥ビートパルプ(糖質カット)、天然風味、亜麻仁、乾燥全卵、キャノラオイル、醸造酵母、塩化カリウム、レシチン、タウリン、L-リジン、ローズマリーエキス、L-カルニチン、グルコサミン、コンドロイチン <ビタミン類>塩化コリン、ビタミンE補給、ビタミンA補給、アスコルビン酸(ビタミンC源)、ビタミンD3補給、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、チアミン硝酸塩(ビタミンB1源)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6源)、リボフラビン補給、葉酸、ビオチン、ビタミンB12補給

プリンシプルナチュラルの成分の解析詳細を見る

プリンシプルナチュラルの成分の評価は3.00点となりました

本サイトの基準に基づくと、粗タンパク質がやや少なめで、粗灰分の値が不明であるため、減点となりました

粗タンパク質24.0%以上
粗脂肪15.0%以上
粗繊維3.00%以下
粗灰分
水分11.0%以下
エネルギー407kcal/100g
粗タンパク質の減点について
当サイトでは、粗タンパク質が25%未満の商品を「粗タンパク質がやや少ない」と判断しています。プリンシプルナチュラルの粗タンパク質は24.0%以上であるため、減点となりました。タンパク質は体を作る成分であるため、もう少し量が多い方が理想的です。
プリンシプルナチュラルの安全性の解析詳細を見る

プリンシプルナチュラルの安全性の評価は5.00点となりました

栄養学者が開発に携わっており、NSF Cook&Thurberというアメリカの団体から食物安全工場として認定を受けた工場で製造されているため、満点となっています。

プリンシプルナチュラルの価格の解析詳細を見る

プリンシプルナチュラルの価格の評価は4.50点となりました

800gの商品の場合、プリンシプルナチュラルの100gあたりの価格は約189円です。

相場が100gあたり250円前後とすると、安いほうに分類されるため高得点となっています

ただし、さらに安い商品もあるため、満点とはなりませんでした。

プリンシプルナチュラルの利便性の解析詳細を見る

プリンシプルナチュラルの利便性の評価は4.75点となりました

定期購入や初回割引がないため、やや減点となっています。

ただし、Amazon・楽天で販売されており、商品バリエーションや重さの種類も豊富であるため、全体的には利便性が高いです。

また、袋にはジッパーがついているため、開封後も新鮮さを保つことができます。

編集長
編集長
プリンシプルナチュラルには小麦やとうもろこし、大豆などアレルギーとなりやすいものが含まれているので減点となっています。

もしグルテンフリー・グレインフリーのドッグフードお探しの方は「モグワン」もおすすめです。

ぜひ以下記事もチェックしてみて下さい。

穀物不使用で高品質!グレインフリーでおすすめのドッグフード4選

モグワンドッグフードの口コミとは?特徴や実際の評判を紹介

プリンシプルナチュラルドッグフードの特徴

プリンシプルナチュラルの特徴を表にまとめると、以下のようになります。

総合評価2.33点
Dランク
価格は安いが、原材料や成分などで減点が目立つ。
パッケージ
ジッパーあり
価格


最安値 Amazon
Rakuten
100g
あたり
約189円
対象成犬用
※「アダルト」の場合
メイン食材良質鶏肉粉
穀物の使用玄米、オート麦、ブリュワーズライス
賞味期限未開封:1年
開封後:1か月
原産国アメリカ
カロリー407kcal/100g
タイプ

販売元ワイ・エス・エンタープライズ
公式サイトプリンシプル

プリンシプルの特徴には、以下のようなものがあります。

①アメリカの高品質な原材料を使用


プリンシプルは、アメリカの高品質な原材料を使用しています

ミシシッピ州・アラバマ州にある、特定の農場で育った肉や野菜から作られています。

原材料の産地や品質が具体的に公開されているため、安心できますね。

②栄養学者が開発


プリンシプルは、栄養学者が開発に携わっているドッグフードです

ジョージ・コリングスさんという米国で権威のあるペット栄養学者が、ペットフードメーカーでプリンシプルを開発しました。

プリンシプルナチュラルドッグフードこんな犬・飼い主さんにおすすめ!


プリンシプルナチュラルは、下記のような犬や飼い主さんにおすすめです。

こんなワンちゃんにおすすめ!
小麦やとうもろこし、大豆にアレルギーがある
中型犬または大型犬の成犬
こんな飼い主さんにおすすめ!
原材料の産地が明らかな商品が良い
価格が安い商品が良い
同じ商品シリーズのなかで、ライフステージや味に合わせて使い分けたい
達人
達人
プリンシプルには、玄米やオート麦といった穀物がいくつか使用されているものの、アレルギーにつながりやすい小麦・とうもろこし・大豆は不使用となっているよ。

そのため、小麦・とうもろこし・大豆にアレルギーがあるワンちゃんに向いているかも。

編集長
編集長
プリンシプルは、アメリカの特定ファームで作られた食材が使われていますから、原材料の産地が明らかになっている商品をお探しの方におすすめです。また、リーズナブルな商品が良いという場合にも向いています。

さらに、ライフステージやメイン食材などによってさまざまな商品バリエーションがあるため、愛犬の年齢や嗜好によって商品をローテーションしたいという場合にも、プリンシブルがおすすめです。

プリンシプルナチュラルドッグフードの口コミ評判

プリンシプルナチュラルの口コミを調べたところ、様々な意見が見つかりました。

プリンシプルナチュラルの良い口コミ評判

プリンシプルナチュラルには以下の良い口コミが見つかりました。

下痢体質が改善した

ずっと下痢体質でドッグフードジプシーでしたが、このドッグフードに変えてからはお腹の調子が整ってきて、下痢体質が改善されました。

安全性の高いフードのようなので、これからもリピします。

[出典:楽天]

いつも食べているフード。毛つやがよくなりました。

う〇ちもよいです。

[出典:Amazon]

毛艶・毛並みが良くなった

柴犬8歳用です。ブリーダーさんの勧めでずっとプリンシプルです。

毛艶・毛並みがとても良いとよく褒めていただきます。

柴犬仲間の方からもドッグフードをよく聞かれ、オススメしています

[出典:楽天]

2年ほど前に、引き取ったトイプー、プリンシブルに換えてから、毛艶も良くなり、カラダの臭いも、気にならなくなりました。

本当に食いつきも良く、ボストンテリアは見る人が、毛が黒光りしてる!とビックリしてました

[出典:楽天]

10歳シニア柴犬用にアダルト2.4kgとシニア2.4kgを一緒に購入しました。

ブリーダーさんから勧められて、ずーっとプリンシプルです。

元気で、毛艶もとてもよく、他の柴犬の飼い主さんからドッグフードは何を食べてるか聞かれます。

毎日元気にモリモリ食べてます

[出典:楽天]

体臭がなくなった

ボストン、トイプードル2匹、丁度1カ月の量
飽きづに食べ、ボストン、トイプードル1匹は、離乳食から食べて、体臭がなく、預り受けたトイプードルも、1年ほどで体臭がなくなりました

[出典:楽天]

プリンシプルナチュラルの良い口コミをまとめると以下のようになります。

  • 食いつきが良い
  • 下痢体質が改善した
  • 毛艶・毛並みが良くなった
  • 体臭がなくなった

プリンシプルナチュラルのアダルトは成犬用の総合栄養食として作られたフードで、プリンシプルナチュラルシリーズの中でも最も人気のものとなっています。

着色料や安定剤といった犬にとって不必要な化学合成剤などが使用されておらず、それが犬の毛艶や体臭改善、下痢体質の改善などにも役立っているのだと考えられます。

ただし原材料にとうもろこし・小麦・大豆といった穀物が使用されているので、もし気になる方はグレインフリータイプ(サーモンメイン・ターキーメインの種類)のほうがおすすめです。

プリンシプルナチュラルの悪い口コミ評判

プリンシプルナチュラルには以下の悪い口コミが見つかりました。

うちの愛犬には合わなかった

色んなものを混ぜてやっと間食しました 我が家の柴犬は口に合わなかったようです

[出典:Amazon]

子犬のころからブリーダーさん推奨のこちらのシリーズを愛用しています。

最近は飽きてしまったのか食いつきが今ひとつですが、体調、毛艶もよく涙やけもないので今のところ変える予定はありません。

[出典:Amazon]

ややカロリーが高いのが気になる

我が家の定番ご飯。ゴタウリンなどもしっかり強化されているのと、内容もシンプルで高品質なので、安心して与えています。

大型犬が食べるにはやや小粒なのと、カロリーが高いことが気になりますが、量を調整しているので問題はなさそうです。

香ばしい香りで脂っこさやにおいもないため、喜んで食べてくれておなかの調子もよいです。

これからも、我が家のフードローテーションの不動のレギュラーになると思います

[出典:楽天]

プリンシプルナチュラルのの悪い口コミをまとめると以下のようになります。

  • 食いつきが悪かった
  • うちの愛犬には合わなかった
  • カロリーが高いのが気になる

プリンシプルナチュラルには基本的に肯定的な口コミが多かったですが、なかにはうちの愛犬には合わなかったといった批判的なものもありました。

どのドッグフードでも切り替えるタイミングでは下痢や食いつきが悪いといったことはよくあることです。

すぐにあきらめるのではなく、1週間~10日程度かけてこれまで与えていたフードに少しずつ混ぜて与えるなど工夫してみてください。

またプリンシプルナチュラルは100gあたり407kcalとドッグフードの中ではカロリーや脂肪がやや高め。

太りやすい愛犬はとくに様子を見ながら与えるようにしてみましょう。

プリンシプルナチュラルドッグフードの購入方法

プリンシプルナチュラルは現在、おもに公式サイト・Amazon・楽天で購入できます。

ほかにも、一部のドッグフードのオンラインショップなどでも取り扱いがありました。

公式サイトAmazon楽天
Amazon
800g税込1,518円税込1,518円税込1,518円+送料550円
2.4kg税込4,092円税込4,092円税込4,092円
9kg税込11,748円税込11,748円税込11,748円
送料3,000円以上で送料無料無料無料

プリンシプルナチュラルドッグフードの送料について

先にも述べたように、公式サイトだと購入金額3,000円以上だと送料が無料となります。

なお3,000円以下の場合の送料については地域によって異なり、公式サイトだと以下の通りに記載されています。

参考:公式サイト

プリンシプルナチュラルドッグフードの価格はほぼ変わらない

上記の表でもわかるように、現在のところ公式サイト・Amazon・楽天においてプリンシプルナチュラルそのものの価格は変わりません。

ただし送料の有無についてはそれぞれ異なるので、購入する前にチェックしておくといいでしょう。

また正規品ではない粗悪なものも含まれていることもあるため、口コミなどを見て判断するのもひと

プリンシプルナチュラルドッグフードにはほかにどんな種類がある?

プリンシプルナチュラルには今回ご紹介した「アダルト」以外にも以下の種類があります。

そこでここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

名称特徴
パピー

  • 子犬・妊娠・授乳期の母犬用の総合栄養食
  • 全犬種対応
  • チキンメイン
  • 小麦・とうもろこし使用
  • たんぱく質・脂肪分が多め
  • 約6㎜の粒
  • 430kcal/100g
アダルト

  • 一般的な成犬用の総合栄養食
  • チキンメイン
  • 小麦・とうもろこし使用
  • 消化吸収の優れた原料をバランスよく配合
  • グルコサミン・コンドロイチン配合で関節の健康サポート
  • 約12㎜の粒
  • 407kcal/100g

※今回紹介しているシリーズ

ラム&ライス

  • 皮膚トラブルや食物アレルギーなどデリケートな愛犬におすすめ
  • ニュージーランド産の高価なラム生肉を使用
  • 皮膚疾患を持つ愛犬でも安心して与えられる
  • 牛肉・大豆・小麦不使用
  • 約13㎜の粒
  • 385kcal/100g
プレミアムシニア

  • 高齢犬や成犬の体重調整用総合栄養食
  • グレインフリー・低カロリー設計
  • 7歳以上(大型犬は5歳以上)
  • 乳酸菌・ビフィズス菌配合で腸管の健康維持をサポート
  • 関節の健康に役立つグルコサミン・コンドロイチン配合
  • たんぱく質・脂肪・カロリーが低め
  • 約15㎜の粒
  • 327kcal/100g
グレインフリー サーモン&SW

  • 全犬種・全年齢用の総合栄養食
  • グレインフリー・乳酸菌配合
  • 健康志向な愛犬・穀物の食物アレルギー持ちの愛犬におすすめ
  • DHA・EPA豊富なサーモンをメインで使用
  • 目の健康に有効なブルーベリー・クランベリー配合
  • サツマイモ・ひよこ豆・エンドウ豆使用
  • 約10㎜の粒
  • 345kcal/100g
グレインフリー ターキー&SW

  • 全犬種・全年齢用の総合栄養食
  • グレインフリー・乳酸菌配合
  • 健康志向な愛犬・穀物の食物アレルギー持ちの愛犬におすすめ
  • 高たんぱく・低脂肪・低カロリーのターキーをメインで使用
  • 約10㎜の粒
  • 355kcal/100g

プリンシプルナチュラルドッグフードよくある質問

プリンシプルナチュラルのよくある質問への回答を紹介します。

プリンシプルナチュラルの目安給与量は?

プリンシプルナチュラルの給与量について、公式サイトでは以下のように記載されています。

体重目安給餌量
2㎏50g
5㎏100g
10Kg175g
15㎏235g
20㎏295g
25㎏345g
30㎏400g
40㎏495g
50㎏580g

愛犬の体調を見ながら適量を与えましょう。

なお、前まで食べていたドッグフードから切り替える場合は、1週間〜10日かけて、今まで食べさせていたフードのなかに少しずつプリンシプルナチュラルを混ぜ、徐々に慣れさせましょう。

プリンシプルナチュラルドッグフードの賞味期限は?

プリンシプルナチュラルの賞味期限はパッケージに記載がありますが、あくまで開封前の状態です。

開封後は酸化が始まるので、通常のドッグフード同様1ヶ月を目安に食べきるようにしましょう。

なお公式サイトによると、1日の食事回数は朝・晩の2回に分けて与えるようにと記載がありました。

プリンシプルナチュラルドッグフードをパピーからアダルトに変えるタイミングは?

公式サイトによると、犬種や個体差によって異なりますが、1年をめどに切り替えるのが望ましいと記載がありました。

また切り替える際は1週間程度かけ、少しずつパピーを減らしアダルトの量を増やしていくようにともあります。

また避妊・去勢後や愛犬の運動量、体重などにより切り替えのタイミングを調整することも大事です。

プリンシプルナチュラルドッグフードにお試しサンプルはある?

現在のところ、プリンシプルナチュラルにお試しサンプルはありません。

最も少ない量で800gとなっています。

プリンシプルナチュラルドッグフードはコスパの良い総合栄養食ドッグフード!

今回は、プリンシプルナチュラルの原材料や成分などの基本情報に加えて、特徴や口コミ、メリット・デメリットなどを紹介しました。

とくに今回ご紹介した「アダルト」は成犬用の総合栄養食として作られたフードで、プリンシプルナチュラルシリーズの中でも最も人気のドッグフードです。

基本的に犬にとって危険な添加物が入っていないので、実際の口コミでも「毛並みや毛艶が良くなった」「下痢をしなくなった」など肯定的なものが多数寄せられました。

100gあたり約190円程度とドッグフードの中でもかなり安い方にあたるので、コストパフォーマンスの良いドッグフードを探している飼い主さんにもおすすめです。

しかしプリンシプルナチュラルには、小麦・とうもろこし・大豆などアレルギーになりやすい原料が含まれているので注意しなければいけません。

プリンシプルナチュラルにはほかにもグレインフリーのシリーズも販売されているので、もし気になる方はチェックしてみるといいでしょう。

コスパが良く財布に優しい!おすすめドッグフード4選

【★3.95】シュプレモ(成犬用)の口コミとは?自然素材にこだわったドッグフード

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★3.85】華ドッグフードの口コミとは?ハーブ使用の国産無添加のドッグフード

2015年8月26日
ドッグフードの達人
華は、ハーブを使用した国産の無添加ドッグフードです。 ドッグフードには数多くの種類があり、いくつか候補が見つかったとしても、愛犬に合う …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★3.98】ジウィピークドッグフードの口コミとは?動物タンパク質豊富なフード

2015年11月14日
ドッグフードの達人
「ジウィピーク エアドライドッグフード ベニソン」は、エアドライ製法で作られた、オールステージ対応の総合栄養食です。 ドッグフードには …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★2.48】メディコート(pHサポート)の口コミとは?尿路サポートにおすすめのドッグフード

2015年10月30日
ドッグフードの達人
メディコート(pHサポート)は、尿路の健康をサポートする、国内製造のドッグフードです。 「愛犬の尿トラブルに悩んでいるけれど、本当に信 …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【2023年最新】大型犬におすすめのドッグフード13選!主原料・価格・粒の大きさまで徹底比較

2022年10月25日
ドッグフードの達人
大型犬にとって、粒が小さすぎるドッグフードは食べづらいため、口のサイズに合ったフードが必要ですよね。 また、体が大きいぶん、1日に食べ …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【販売終了】ヤラー(グレインフリー)の解析|成分や口コミからわかる本当の評判

2015年10月6日
ドッグフードの達人
今回の解析は、完全なオーガニックドッグフード「ヤラー(グレインフリー)」です。 工場の内部まで公開されているので安心だと評判です。 …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【販売終了】★3.93ブルーウィルダネスドッグフードの解析|高エネルギーでグレインフリー

2015年8月5日
ドッグフードの達人
ブルーウィルダネスは、高エネルギーでグレインフリーのドッグフードです。 ドッグフードには数多くの種類があり、いくつか候補が見つかったと …