プリンシプルの解析|成分や口コミからわかる本当の評判

ドッグフードの解析
愛犬家のみなさん、こんにちは!
ドッグフードの達人(@dogfoodmaster)です。

今回の解析は、よくない添加物を使用していないアメリカ産ドッグフード「プリンシプル」です。
合成ミネラルと合成ビタミン以外含まれていないので安心です。

■今回の解析商品:プリンシプル アダルト

【1】プリンシプルの総合評価(★1.8)

総合評価(1.8/5)

ランクEランク(★2.0未満)
原材料(0/5)
添加物(4.5/5)
成分(3/5)
安全性(0/5)
コスパ(0/5)
利便性(3.5/5)

>>全ランク一覧はこちら<<

総評:品質の割に高価

「プリンシプル」は、ワイ・エス・エンタープライズというアメリカの会社が製造販売しているドッグフードです。当サイト独自の評価基準で厳正に審査した結果、「Dランク」の評価となりました。

プリンシプルにはメイン食材の良質鶏肉粉をはじめとしてよくない原材料が多く使用されています。ただ、添加物については合成ミネラルと合成ビタミン以外使用されていないようです。そして、成分についても大きな問題はないようです。

そして、Amazonでも楽天でも購入することができるため利便性も高くなっています。ちなみに、100gあたりの値段は125円であり、品質を考えると低めになっています。

プリンシプルの基本情報

参考価格通常価格:2.4kg/3000円(税別)
100gあたり約125円
カロリー407kcal/100g
メイン食材良質鶏肉粉
原産国アメリカ
対応年齢成犬用
賞味期限未開封の場合1年、開封後は1か月
販売元ワイ・エス・エンタープライズ
注目ポイント
  1. ほぼ無添加
  2. 第一原材料が肉類
  3. 豊富なラインナップ

【2】プリンシプルの特徴

続いて、プリンシプルの特徴をより詳しくご紹介いたします。

①ほぼ無添加

プリンシプルはほぼ無添加のドッグフードです。具体的には、栄養強化のために使用される合成ビタミンと合成ミネラル以外使用されていません。そのため、愛犬に安心して与えることができます。

②第一原材料が肉類

安いドッグフードの場合、第一原材料は穀物になっています。しかし、犬はもともと肉食の動物であり、現在でも肉食寄りの雑食動物です。そのため、犬に一番必要なのは肉類です。

そして、プリンシプルの第一原材料は肉類になっています。そのため、プリンシプルは犬に適したドッグフードと言えます。

③豊富なラインナップ

プリンシプルは年齢、メイン食材によってわけられた豊富なラインナップがあります。そのため、愛犬にあったドッグフードを選んであげることができます。

【3】プリンシプルの原材料と成分

プリンシプルに含まれている原材料と成分は以下の通りです。
(ピックアップ食材は緑文字マイナス食材は赤文字で表記しています。)

原材料
良質鶏肉粉ライスコーン粗粉コーン粉末鶏肉脂肪(酸化抑制剤トコフェロール配合)、コーングルテンミール乾燥ビートパルプ(糖質カット)、天然風味亜麻仁乾燥全卵、キャノラオイル、醸造酵母、塩化カリウム、レシチン、タウリン、L-リジン、ローズマリーエキス、L-カルニチン、グルコサミン、コンドロイチン <ビタミン類>塩化コリン、ビタミンE補給、ビタミンA補給、アスコルビン酸(ビタミンC源)、ビタミンD3補給、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、チアミン硝酸塩(ビタミンB1源)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6源)、リボフラビン補給、葉酸、ビオチン、ビタミンB12補給
成分
たんぱく質24.0%以上、脂肪15.0%以上、粗繊維3.0%以下、水分11.0%以下、リノール酸3.0%以上、ビタミンA10000IU/kg以上、ビタミンE150IU/kg以上、オメガ6脂肪酸2.2%以上、オメガ3脂肪酸0.3%以上、L-カルニチン25mg/kg以上、タウリン0.05%以上

良質鶏肉粉

プリンシプルの主原料は良質鶏肉粉です。

良質鶏肉粉には粗悪な原料が用いられている可能性があります。粗悪な原料とは、人間用には認められていないような、いわゆる4Dミートなどです。

このような原料が入っているドッグフードを食べ続けていると、犬の健康に悪影響を与えてしまう可能性があります。

ライス

ライスにはでんぷんが多く含まれています。そのため、ライスは犬にとってよい炭水化物源になります。

そして、ライスには老化を防止する効果、疲労を回復する効果、神経の機能を正常化する効果などもあります。

亜麻仁

亜麻仁は犬の毛並みを整えてくれます。また、関節の健康を保つ効果もあります。そして、腎臓にできる炎症を抑えることで腎臓の健康もサポートしてくれます。

また、便秘の犬に亜麻仁を与えると、亜麻仁に含まれる油が便の通りを良くし、便秘が解消されるようになります。

乾燥全卵

乾燥全卵とは、卵を乾燥させたもののことです。

そして、はたんぱく質が多く含まれている食べ物であり、ビタミンやミネラルもバランスよく含んでいます。

そのため、卵は犬にとっても有用なたんぱく質源です。また、ビタミンやミネラルによるさまざまな効果も期待できます。

コーン粗粉、コーン粉末、コーングルテンミール

コーン粗粉やコーン粉末はとうもろこしを粉状にしたものです。また、コーングルテンミールとは、とうもろこしからデンプンを取り除いたものです。これらには糖質が多めに含まれているため、肥満の原因になることがあります。また、アレルゲンにもなりやすいので注意が必要です。

乾燥ビートパルプ

乾燥ビートパルプとは、ビートパルプを乾燥させたもののことです。

そして、ビートバルプとは、サトウダイコンの搾りカスのことです。

食物繊維が豊富で草食動物にはぴったりの原材料となりますが、犬のような肉食動物には必要のない栄養素です。

サトウダイコンから砂糖を搾り取る時に使う硫酸系の薬品が残留している恐れがあるので注意が必要です。

天然風味

天然風味とは、天然の香味料のことです。ドッグフードに香りをつけ、食いつきをよくするために使用されます。天然風味はあいまいな表記であり、何が含まれているかわからないため、粗悪な原材料が使用されている可能性があります。

ドッグフードの達人
プリンシプルにはメイン食材の良質鶏肉粉をはじめとしてよくない原材料が多く使用されています。

ただ、添加物については合成ミネラルと合成ビタミン以外使用されていません。また、成分についても大きな問題はないようです。

【4】プリンシプルの口コミと評判

プリンシプルの口コミは以下の通りです。

良い口コミ評判

よく食べて毛づやもいいです
良く食べるし、毛づやもいいし、栄養バランスもいいし、大満足です。

毛づやがいいです
昔使っていたフードに比べて、毛艶が大変いいです。糞も少なく、消化もいいみたいです。

飽きずに食べてくれます
ずっと愛用してます。好き嫌いの多い我家の犬たちが飽きずに食べてくれる貴重なフードです。
値段も良心的です。

ドッグフードの達人
プリンシプルには食いつきが良いという声や毛づやがよくなったという声が多いようです。

そして、口コミの数が少なかったこともあり、悪い口コミは見つけることができませんでした。

【5】プリンシプルの最安値

公式サイト
Amazon
楽天市場
初回購入
通常購入3000円3000円
定期購入
送料0円0円

プリンシプルを公式サイトから購入することはできませんが、Amazonや楽天などの通販サイトから購入することができます。そして、Amazonでも楽天でも値段に違いはないようです。

そして、プリンシプルは多くのドッグフードと同じように大きなパッケージの商品を購入したほうがお得になっています。具体的な価格表は以下のとおりです。

内容量価格
800g1140円
2.4kg(800g×3)3000円
9kg(4.5kg×2)8400円

【6】プリンシプルの与え方

この項では、プリンシプルの与え方について解説していきたいと思います。

給餌量

プリンシプルの給餌量は以下の表の通りです。

ただ、この値はあくまで目安です。給餌量は年齢、活動量、代謝などによって異なります。愛犬に与えてみて、太ってきたら量を減らし、やせすぎてしまったら量を増やすようにしましょう。

フードの切り替え方

前のフードから、プリンシプルへ切り替えるときには、徐々に切り替えていくようにしましょう。

具体的には、まずプリンシプルを前のフードに1割ほど混ぜて与えます。そして、2日目は2割程度、3日目は3割程度などと、7~10日ほどかけてプリンシプルの割合を増やしていき、前のフードを減らしていくといいでしょう。

また、おなかが弱い犬の場合はもう少し長い時間をかけてゆっくりと移行していくようにしましょう。

もし急に新しいフードを与えてしまうと、犬のおなかがびっくりして、下痢の原因になってしまうかもしれません。

【7】プリンシプルの賞味期限と保存方法

いくら良いフードでも、保存方法を間違えてしまったり、賞味期限を過ぎてしまったりすると、愛犬に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

そこで、この項ではプリンシプルの賞味期限と保存方法について解説していきたいと思います。

賞味期限

プリンシプルの賞味期限は未開封の場合には1年、開封済みの場合には1か月になっています。

そして、ドッグフードは賞味期限を過ぎると酸化が進んでしまい、食いつきが悪くなってしまいますし、犬のさまざまな健康被害の原因になってしまう場合もあります。ドッグフードは賞味期限内に食べきるようにしましょう。

保存方法

プリンシプルは常温で冷暗所に保存するといいでしょう。

そして、温度や湿度が高い場所は避けるようにしてください。ちなみに、冷蔵庫に保存するのは避けるようにしましょう。冷蔵庫に保存してしまうと外に出したときに温度差で結露してドッグフードが湿ってしまい、それがカビの原因になる可能性があるからです。

【8】プリンシプルの注意点

プリンシプルには注意が必要な点もあります。それぞれ見ていきましょう。

アレルギーに注意!

すべての食材や添加物は、アレルギーを引き起こす可能性があります。そのため、ドッグフードに含まれている原材料により、アレルギーが引き起こされてしまう可能性もあります。特にプリンシプルに含まれているコーンはアレルゲンになりやすい食材です。

ですので、アレルギー検査などを行い、愛犬のアレルギーについてはあらかじめ把握しておいたほうがいいでしょう。

また、ドッグフードを食べて嘔吐、下痢、かゆがる、発疹などアレルギーと思われる症状が出た場合には、そのドッグフードを食べるのはやめたほうがいいでしょう。

【9】プリンシプルの種類

プリンシプルには以下のようなラインナップがあります。

  • パピー
  • アダルト
  • プレミアムライト
  • ラム&ライス
  • ザ・ハーベスト
  • プレミアムシニア
  • グレインフリーサーモン&SW
  • グレインフリーターキー&SW

【10】プリンシプルのQ&A

その他、プリンシプルによくある質問をまとめました。

Q①:粒の大きさはどのくらいですか?


プリンシプルの粒は円盤型で、直径は12mm程度、暑さは5mm程度になっています。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

ドッグフードの達人
平均:  
 0 レビュー
スポンサードリンク