ドッグフードの解析

【★2.33】プロステージ「ル・シアン」ドッグフード(ポークアダルト)の口コミとは?

※本ページにはPRが含まれます。

ル・シアンは、国産で小麦・大豆・とうもろこし不使用のドッグフードです。

「お店で見かけたことがあるけれど、本当に信頼できるの?」「愛犬とドッグフードとの相性は良いだろうか?」と不安に感じる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、ル・シアンを「原材料、成分、価格、安全性、利便性」の5つの項目で評価しています。また、解析結果だけでなく、ル・シアンの特徴や評判なども紹介しています。

編集長
編集長
ル・シアンにはさまざまな種類がありますが、今回解析し、ご紹介するのは成犬を対象とした「ル・シアン ポークアダルト」です
当サイトに掲載しているドッグフードの評価は、あくまで運営者の判断に基づいたものであり、その品質を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

詳しくは当サイトの評価基準をご覧ください。

プロステージ「ル・シアン」ドッグフードの解析結果

総合評価:2.33点
(Dランク)

 

原材料
0.00
  • ポークミールや油脂の安全性が心配
  • ビートパルプ、食塩の使用でも減点

 

成分
3.00
  • 粗タンパクがやや少なめ
  • 粗繊維がやや多め

 

安全性
4.00
  • 製造工場の場所が不明
  • 詳細な安全基準が不明

 

価格
4.75
  • 100gあたり約136円
  • 安いほうに分類される

 

利便性
4.50
  • Amazon・楽天で購入できる
  • お試しパックや定期購入はない

 

編集長
編集長
解析の結果、ル・シアンは、Dランクのドッグフードになりました。
達人
達人
価格が安めで、国産の総合栄養食だよ。

ただ、安全性が心配な原材料もいくつかあり、原材料の面で大きな減点が目立つね。

ぜひ、ル・シアンよりも総合得点が高いSランクのフードもチェックしよう

\★4.50以上の最優秀フード/

Sランクのドッグフードを
チェック

ル・シアンは、国産で小麦・大豆・とうもろこし不使用のドッグフードです。

解析のうえで「評価された点」と「懸念となった点」をまとめると、以下のようになります。

評価された点
価格が安い
Amazon・楽天で購入できる
商品バリエーションが多数
重さの種類が豊富
懸念となった点
安全性が心配な原材料が多い
粗タンパクがやや多め
粗繊維がやや多め
定期購入がない
お試しパックがない
ル・シアンの原材料の解析詳細を見る

ル・シアンの原材料の得点は0.00点となりました

体への影響が心配な原材料や、犬の体にとって本来必要のない原材料が複数含まれているため、大幅な減点となっています。

ポークミールの減点について
ル・シアンの主原料はポークミールです。ポークミールには粗悪な原料が使われている可能性があります。
ビートパルプの減点について
ビートバルプとは、サトウダイコンの搾りカスのことです。

食物繊維が豊富で草食動物にはぴったりの原材料となりますが、犬のような肉食動物には必要のない栄養素です。サトウダイコンから砂糖を搾り取る時に使う硫酸系の薬品が残留している恐れがあるので注意が必要です。

動物性油脂の減点について
動物性油脂はレンダリングをするときに製造されていると言われています。レンダリングとは、食肉を取った後の家畜の廃棄物から脂肪を搾り取ることです。

そして、動物性油脂の中には病気にかかっていた動物や家畜の殺虫剤なども含まれている可能性があります。

植物性油脂の減点について
植物性油脂は本来、必須脂肪酸を含む望ましい油脂です。

しかし、ドッグフードに用いられるものは熱処理、薬品処理などの過程でビタミンやミネラルが失われてしまっています。しかも、処理に用いた化学薬品が残留している可能性があります。

食塩の減点について
犬の塩分摂取量は人間の3割以下が目安です。塩分が多い食事を続けると、心臓や腎臓に負担がかかってしまい、さまざまな病気の原因になってしまうかもしれません。

そのため、犬は食塩などで直接塩分をとるのではなく、原材料に含まれているナトリウムから塩分を摂取するのが望ましいとされています。

原材料の詳細は下記の通りです。

ポークミール、米粉、米糠、ビートパルプ、タピオカ澱粉、動物性油脂、アルファルファミール、ビール酵母、植物性油脂、酵母エキス、精製魚油(DHA・EPA源)、オリゴ糖、植物抽出発酵エキス、ゼオライト、アガリクス(β-グルカン源)、ケルプミール、殺菌処理乳酸菌、月見草オイル(リノール酸、γ-リノレン酸源)、ウーロン茶抽出物、ミネラル類(第二リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、未焼成卵殻カルシウム、食塩、硫酸亜鉛、硫酸銅、塩化カリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-トリプトファン)、ビタミン類(コリン、E、C、A、ナイアシン、パントテン酸、B2、B1、B6、葉酸、K、B12、D3、ビオチン)、香料(バターオイル)

原材料からわかるとおり、ル・シアンはポークミールがメイン食材になっています。

ル・シアンの成分の解析詳細を見る

ル・シアンの成分の評価は3.00点となりました

本サイトの基準に基づくと、粗タンパクがやや少なく、粗繊維がやや多めであるため減点となっています。

粗タンパク質24.0%以上
粗脂肪11.0%以上
粗繊維4.0%以下
粗灰分8.5%以下
水分10.0%以下
エネルギー350kcal
/100g
粗タンパク質の減点について
当サイトでは、粗タンパク質が25%未満のドッグフードを「粗タンパク質が少なめ」と判断しています。ル・シアンは粗タンパク質が「24.0%以上」となっているため、減点となりました。タンパク質は筋肉や体全体の健康を支える大事な栄養であるため、もう少し多めであればさらに理想的です。
粗繊維の減点について
当サイトでは、粗繊維が4.0%以上のドッグフードを「粗繊維が多め」と判断しています。ル・シアンは粗繊維が「4.0%以上」となっているため、減点となりました。粗繊維はお腹の調子を整える大事な栄養ですが、もう少し繊維の量が少なめであれば、お腹がゆるくなる危険性も低くなります。
ル・シアンの安全性の解析詳細を見る

ル・シアンの安全性の評価は4.00点となりました

製造工場の場所や詳細な安全基準が公開されていないため、減点となっています。

ル・シアンの価格の解析詳細を見る

ル・シアンの価格の評価は4.75点となりました

ル・シアンの100gあたりの価格は約145円です。

相場が100gあたり250円前後とすると、比較的安い方になっているため高得点となっています

ただし、さらに安い商品もあるため、やや減点となりました。

ル・シアンの利便性の解析詳細を見る

ル・シアンの利便性の評価は4.50点となりました

Amazon・楽天で販売されているほか、重さや商品の種類が豊富ですが、お試しパックや定期購入がないためやや減点となっています

編集長
編集長
ル・シアンはコスパが良いドッグフードではありますが、原材料や成分にやや懸念点があるのが気になるところです。

もしほかの小麦不使用のドッグフードをお探しの方は、「モグワン」などもおすすめです。

以下記事もチェックしてみてください。

【2023年最新】豚肉がメインのおすすめドッグフード7選!主原料・栄養・コストを徹底比較

モグワンドッグフードの口コミとは?特徴や実際の評判を紹介

プロステージ「ル・シアン」ドッグフードの特徴

ル・シアン(ル・シアン ポークアダルト)の特徴を表にまとめると、以下のようになります。

総合評価2.33点
Dランク
価格は安いが、体に負担や害のある可能性がある原材料が見受けられる。
パッケージ
ジッパーなし
価格

100g
あたり
約145円
対象成犬・小型犬
メイン食材ポークミール
穀物の使用米粉、米糠
賞味期限パッケージに記載
原産国日本
カロリー403kcal/100g
タイプ
ドライタイプ
大きさ・画像:非公開
販売元イースター
公式サイトル・シアン

ル・シアンの特徴には、以下のようなものがあります。

①ほぼ無添加で安心


ル・シアンはほぼ無添加のドッグフードです

具体的には、栄養強化のために使用される合成ミネラルと合成ビタミン以外は使用されていません。そして、もちろん合成着色料や合成保存料などは使用されていません。

そのため、愛犬に安心して与えることができます。

②小麦・とうもろこし・大豆は不使用

ル・シアンはライフステージなどに合わせてさまざまな商品バリエーションがありますが、どの商品でも小麦・とうもろこし・大豆は不使用となっています

小麦・とうもろこし・大豆は消化にあまり良くないだけでなく、アレルギーも起こしやすいです。

その点、ル・シアンにはこれらの穀物が使用されていないため、安心ですね。

③小さめの粒

ル・シアンは比較的小さめの粒になっています

そのため、小型犬や高齢犬でも食べやすくなっています。

プロステージ「ル・シアン」ドッグフードはこんな犬・飼い主さんにおすすめ!


ル・シアン(ル・シアン ポークアダルト)は、下記のような犬や飼い主さんにおすすめです。

こんなワンちゃんにおすすめ!
小粒サイズのフードのほうが食べやすい
豚肉の味が好き
こんな飼い主さんにおすすめ!
できるだけ価格が安いドッグフードがいい
危険な添加物が使われていないドッグフードがいい
達人
達人
ル・シアンは小さめのサイズであるため、体が小さいワンちゃんや、噛む力の弱いワンちゃんにおすすめ。

また、今回ご紹介しているル・シアン(ル・シアン ポークアダルト)は、ポークミールがメイン食材になっているため、豚肉の味わいが好きなワンちゃんにも向いているよ。

編集長
編集長
ル・シアンは、「できるだけ安いドッグフードが良い」という飼い主さんにおすすめです。

また、着色料や保存料は使われていないため、添加物に気をつけたいという飼い主さんも、ル・シアンを選択肢の1つとして考えてみましょう。ただし、原材料でいくつか安全性が心配な食材がある点に気をつけましょう。

プロステージ「ル・シアン」ドッグフードの口コミ評判

ル・シアン(ル・シアン ポークアダルト)の口コミを調べたところ、様々な意見が見つかりました。

良い口コミ評判

ル・シアンの良い口コミをまとめると以下の通りになります。

  • 食いつきが良い
  • 皮膚の状態が改善した
  • 原材料にアレルゲンがなく安心して与えられる

ル・シアンは小麦・とうもろこし・牛肉・魚肉・鶏肉・ラム肉・卵・乳不使用で、おもにポークとお米をメインとしていることから、アレルギーを持つ愛犬や飼い主さんに絶大な支持を持たれていることが分かりました。

アトピーや皮膚トラブルが改善したといった報告も多数見つかったため、個人差はあるでしょうが試してみる価値はありそうですね。

また100gあたり約145円とドッグフードの中ではかなりコスパが良く、多頭飼いや大型犬を飼っている飼い主さんからも人気のようです。

食いつきが良い

多頭飼いで良い物を食べさせたいけど、超大型犬もいるので、フードの消費量が多く、できるだけお値段も安いのがいいと思っています。

胃腸の弱い、食べの悪い子が一頭いますが、その子でも割と食べます。トッピングはしていますが、、、。

今まで1キロ5000円以上の高額なフードも含め、色々と食べさせてきました、

匂いを嗅いで待った食べないフードが半分以上でしたが、このフードだと割と食べてくれ、ほんとに良いウンチが出ます。

お値段も安いし800グラム入りの包装なので酸化の心配もなく、安心して与えられます。

[出典:Amazon]

皮膚の状態が改善した

ブリーダーさんから推薦されたので継続して与えています。
受け継いだのはフィッシュ(原料ナマズ)の方でしたが、気分転換に今回はポーク。

ブリーダーの話だと、犬舎の犬も預かった犬も、この餌(正確に言えばフィッシュのほう)に変えたらアトピーが治ったとのこと

お店よりもかなり安価に求めることができて満足であります。

[出典:Amazon]

なので、アレルギー対策として鶏(鶏脂)が入っていないフードやオヤツ(トリーツ)を買い求めるのですが、「ビーフ」、「ラム」を謳っていながら実のところ市販製品の殆どが「鶏脂」や「鶏エキス」を使っていることが分かり、愕然としました・・・。

オーダーメードでアレルギー対策フードを作って下さる業者も紹介していただきましたが、かなり高価な上にオーダーしてから出来上がるまで結構時間が掛かるのでやめました。

そんな中でお世話になっている獣医さんからこちらの試供品をいただいたところ、喜んで食べたのでAmazonさんで注文しました。

食事を変えたお陰で身体を掻く頻度がかなり減ったと実感出来るほどに効果が出てきましたので、買って本当に良かったと思いました。

このフードに飽きた時は、それまでお世話になっていたラム肉(といいながら鶏脂が若干入っているのですが・・・)ドライフードと半々にして食べさせております。

それにしても、鶏脂(鶏エキス)を使っているのに「ビーフ」だの「ラム」100%を謳っているフード(オヤツ)のなんと多いことか・・・。

ドライ、ウェットを問わず、鶏脂(鶏エキス)が使われているフードが100%といっていいくらい占めていることは実に嘆かわしいことだと思いました。

まぁ、それだけ鶏はワンチャンの食欲をそそらせるだけの威力があるという事なのでしょうけど、鶏アレルギー持ちの子にとっては災難です。

[出典:Amazon]

アレルゲンがなく安心して与えられる

大豆アレルギーの1歳黒柴にリピです。

食いつきが良くて、アレルゲンが無く安心して与えられるフードです。

コスパも良いのでずっと続けるつもりです。どうか廃盤にならない事願ってます。

対応が悪いストアがある中、こちらのストアは速い発送、梱包も丁寧でサンプルフードも付いて言うことなし最高ですね。またお願いします。

[出典:Yahoo!ショッピング]

鶏肉にアレルギーがあり、たいていのフードは食べられません。

しかしプレミアムフードは高すぎて続けられず、こちらに落ちつきました。

キャバリア9歳のうちの子は、飽きずにこれをよく食べます。

粉の薬をこのフードにかけても、ばくばく食べてくれます。助かっています。

[出典:Yahoo!ショッピング]

悪い口コミ評判

ル・シアンの悪い口コミをまとめると以下のようになります。

  • 食いつきが良くなかった

ル・シアンには基本的に肯定的な口コミが多く、批判的な口コミはほぼありませんでしたが、なかには合わない愛犬もいるようです。

ル・シアンは豚肉メインとなるため、普段食べ慣れていない愛犬だと警戒心を抱く可能性もあります。

いきなり切り替えるのではなく、1週間~10日程度かけて徐々に切り替えてみるといいでしょう。

食いつきが良くなかった

普段はフィッシュを購入してますが気になり初めて購入してみました。

何だか香ばしい?クッキーみたいな匂いがします(笑)

美味しそうだけど 我が子たちはイマイチ食い付きが悪い様に思えます。トッピング程度であげたいと思います。

[出典:Yahoo!ショッピング]

プロステージ「ル・シアン」ドッグフードの購入方法

ル・シアンは現在、おもにAmazon・楽天で販売されています

ほかにも、一部のドッグフード専門店などでも取り扱いがありました。

それぞれの価格は以下の通りになります。

楽天Amazon
Amazon
1.8kg税込2,260円+送料770円税込2,620円
6kg税込4,980円
送料無料無料

ル・シアンは大容量だと楽天の方がお得!

上記の表でもわかるように、1,8㎏だとAmazonの方がお得ですが、6㎏ならば現在のところ楽天でしか取り扱いがないので長期的に購入するなら楽天がお得です。

プロステージ「ル・シアン」ドッグフードにはほかにどんな種類がある?

ル・シアンには今回ご紹介した「ポーク」のほかにも「フィッシュ」と呼ばれる、ナマズとお米をメインとしたフードがあります。

フィッシュもポーク同様、小麦・とうもろこし・牛肉・豚肉・鶏肉・ラム肉・卵・乳不使用なので、お魚の方が好きな愛犬にはフィッシュがおすすめです。

フィッシュ

原材料
米糠、ナマズ魚粉、米粉、ポテトプロテイン、ビートパルプ(プレバイオティクス源)、鶏脂、タピオカ澱粉、ビール酵母、アルファルファミール、脱脂米糠、菜種・大豆油、酵母エキス、植物抽出発酵エキス、精製魚油(DHA・EPA源)、コラーゲン、アガリクス(β-グルカン源)、乾燥ローズマリー、HMBカルシウム、殺菌処理乳酸菌、パン酵母(セレン源)、月見草オイル(リノール酸、γ-リノレン酸源)、殺菌処理ビフィズス菌、ミネラル類(食塩、硫酸亜鉛、塩化カリウム、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-トリプトファン)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、パントテン酸、B2、A、B1、B6、葉酸、K、B12、ビオチン、D3)、香料(バターオイル)
カロリー:335kcal/100g

なお、ポークとフィッシュにはそれぞれライフステージに対応した、「パピー」「アダルト」「ライト」「シニア」が販売されています。

パピー離乳期~1歳までの子犬用
アダルト1歳からの成犬用
ライト体重管理に配慮した成犬用
シニア7歳からの高齢犬用

プロステージ「ル・シアン」ドッグフードのよくある質問

ル・シアンのよくある質問への回答を紹介します。

ル・シアンの給与量は?

ル・シアン(ル・シアン ポークアダルト)の給与量について、楽天の販売サイトでは以下の表が公開されています。

犬種体重1日の給与量(1~2回に分ける)
超小型犬1~2㎏30~50g
3~4㎏70~90g
小型犬5~6㎏105~120g
7~8㎏135~150g
9~10㎏165~175g
中型犬11~12㎏190~205g
13~14㎏215~230g
15~16㎏240~250g
17~18㎏265~275g
19~20㎏286~295g
大型犬21~23㎏310~330g
24~26㎏340~360g
27~29㎏375~395g
30㎏以上405g以上

上記の表は目安であるため、愛犬の体調を見ながら適量を与えましょう。

なお、前まで食べていたドッグフードから切り替える場合は、1週間〜10日かけて、今まで食べさせていたフードのなかに少しずつル・シアンを混ぜ、徐々に慣れさせましょう。

ル・シアンにお試しパックはあるの?

いいえ。ル・シアンにはお試しパックがありません。

プロステージ「ル・シアン」ドッグフードはアレルギー対策におすすめのドッグフード!

今回は、ル・シアンの原材料や成分などの基本情報に加えて、特徴や口コミ、メリット・デメリットなどを紹介しました。

今回ご紹介した「ポークアダルト」は豚肉とお米を主原料としているのが特徴です。

小麦・とうもろこし・牛肉・魚肉・鶏肉・ラム肉・卵・乳不使用なので、アレルギーを持つ愛犬でも安心して与えられます。

実際の口コミにも「皮膚トラブルが改善した」「安心して与えられる」と高評価のものが多く見つかりました。

ル・シアンにはポーク以外にもフィッシュもあるので、お魚が好きな愛犬にはそちらがおすすめです。

もしほかの豚肉をメインとしたドッグフードをお探しの方は以下記事もチェックしてみて下さい。

【2023年最新】豚肉がメインのおすすめドッグフード7選!主原料・栄養・コストを徹底比較

【★4.08】プラチナムナチュラル(アダルト用チキン)の口コミを徹底解説!

【★4.48】アカナ(アダルト・スモール・ブリード)の口コミを徹底解説!

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★2.78】アイムスドッグフードの口コミとは?成犬向けのコスパが良いドッグフード

2015年7月30日
ドッグフードの達人
アイムスは、1950年代から販売が続く、栄養学に基づいて開発されたドッグフードです。 「他のドッグフードとどう違うの?」「愛犬とドッグ …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★1.90】ロイヤルカナン(ミニ インドア アダルト)の口コミとは?小型犬向けのドッグフード

2015年9月21日
ドッグフードの達人
ロイヤルカナン(ミニ インドア アダルト)は、室内で生活する小型犬を対象にしたドライタイプのドッグフードです。 ドッグフードには数多く …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★3.70】ハッピードッグ(ミニアダルト)の評判は?小型犬におすすめのドッグフード!

2015年10月10日
ドッグフードの達人
「ハッピードッグの広告をネットでよく見かけるけど、ステマではないの?」 「ハッピードッグの口コミが知りたい」 そんなお悩みをお持ちの …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★4.40】ヤムヤムヤムドッグフードの口コミ・評判を徹底解説!

2018年12月14日
ドッグフードの達人
「ヤムヤムヤムの広告をネットでよく見かけるけど、ステマではないの?」 「ヤムヤムヤムの口コミが知りたい」 そんなお悩みをお持ちの飼い …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

うまかドッグフードの口コミとは?メリット・デメリット全てを紹介!

2018年12月19日
ドッグフードの達人
「うまかの広告をネットでよく見かけるけど、ステマではないの?」 「うまかの口コミが知りたい」 そんなお悩みをお持ちの飼い主さんも多い …