ドッグフード『プラチナムナチュラル』の口コミ評判と原材料

ドイツ生まれの無水調理ドッグフード『プラチナムナチュラル』の成分と原材料を分析してみました。また、記事の後半では、実際にプラチナムナチュラルを使ったみんなの口コミ評判も紹介しています。

プラチナムナチュラルドッグフードを購入する時の参考にどうぞ。

 

スポンサードリンク

プラチナムナチュラルとは?

スクリーンショット 2015-08-25 23.06.14
[出典:amazon.co.jp]

参考価格
1800円(1.5kg)
4500円(5kg)
13000円(15kg)
※公式サイト参考
1kgあたりの価格 約866円〜1200円
生産国 ドイツ
酸化防止剤 ◎(天然由来)
着色料 ◎(未使用)
穀物 とうもろこし・ライス)

プラチナムナチュラルのドッグフードは公式サイトの説明によると、原材料の70%に新鮮なお肉を使用し、犬が必要とする「動物性たんぱく質」を豊富に摂取できるフードのようです。

また、プラチナムナチュラルは無水調理されており、素材の栄養と旨味がドッグフードの一粒一粒にギュッと凝縮されているとのこと。新鮮な原材料(ヒューマングレード)+無水調理で栄養価の高いドッグフードを実現しているようです。

普通のカリカリドッグフードに比べ、プラチナムナチュラルは水に浸しても膨張しないため、胃捻転を起こしやすい大型犬にもぴったりのフードとなっています。

 

そしてさらに、「100日間の返金保証」も付いており、もしワンちゃんが途中で食べなくなったら、最後に購入したドッグフードにかかった金額を返金してくれるようです。

また、プラチナムナチュラルは無料で試せるトライアル商品も用意されており、「犬に合うかちゃんと試してから購入したい」という飼い主の要望にも答えてくれます。

こうしてみると、プラチナムナチュラルはとても安心できるドッグフードのように思えますが、実際のところはどうなのでしょうか?次の項で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

プラチナムナチュラルの成分/原材料

それでは早速、プラチナムナチュラルの成分と原材料を詳しくみていきましょう。

今回は、プラチナムナチュラル『ドライフード成犬(アダルト)用チキン』を例に、その成分と原材料を見ていきたいと思います。(【気になる原材料】は赤文字で記載)

原材料:フレッシュチキンミート(70%)、ライス、チキン脂肪、トウモロコシ(非遺伝子組み換え)、チキンミール、加水分解チキン、乾燥ビートパルプ、乾燥リンゴパルプ、サーモンオイル、コールドブレスアマニオイル、コールドブレスオリーブオイル、ミドリイガイエキス、マリアアザミの種子、乾燥ウイキョウ、サルサバリラの根、乾燥セロリ、乾燥アーティチョーク、キンレンカ、カモミールティーエキス、タンポポ、乾燥リンドウ、ユッカ、塩化カリウム。

保証分析値:粗蛋白質26.0%、粗脂肪16.0%、粗灰分6.9%、カルシウム1.5%、粗繊維2.0%、リン1.0%、水分(自然含有量)18.0%

含有量(1KG中):(E-672)ビタミンA 10,000 IU、(E-671)ビタミンD3 1,600 IU、(3a700)ビタミンE(アルファ-トコフェロール アセテート)150mg、ビタミンk1 2mg、ビタミンB1(チアミン硝酸塩) 6mg、ビタミンB2(リボフラビン) 10mg、(3a831)ビタミンB6(塩酸ピリドキシン) 3mg、ビタミンC(アスコルビルモノリン酸塩カルシウムナトリウム塩) 70mg、ビタミンB12 40mcg、ナイアシン 20mg、パントテン酸(カルシウムD-パントテン酸) 20mg、ビオチン(D+-ビオチン)200mcg、葉酸300mcg、コリン(塩化コリン) 1,500mg。

微量元素(トレースエレメント):(E-1)硫酸第一鉄、七水和物75mg、、(E-2)ヨウ化カリウム1.5mg、(E-3)コバルト(II)炭酸塩、一水和物1mg、(E-4)硫酸銅(II)五水和物19mg、(E-5)硫酸マンガン(II)一水和物40mg、(E-6)酸化亜鉛190mg、(E-8)亜セレン酸ナトリウム0.3mg。ビタミンを基にしたアンチオキシデント:トコフェロール(天然抽出物)。※ビタミンを基にしたアンチオキシデント:トコフェノールを含む天然抽出物。

[出典:http://platinumpet.jp/]

評価Bランク

プラチナムナチュラルのドッグフードの一番魅力的なところは、新鮮なチキンが全体の70%も配合されているところ。これなら「動物性たんぱく質」を十分すぎるほど摂取することができそうです。

ただ、チキン以外の原材料にライスやとうもろこし、チキンミールやビートパルプなど、本来であれば避けたいものが多く含まれています。

【参考:これだけは避けるべき!ドッグフードの危険な原材料まとめ

 

プラチナムナチュラルのドッグフードは原材料が全てヒューマングレードということなので、チキンミールやライスにはそれほど心配しなくても良いかもしれませんが、とうもろこしでアレルギーを発症する犬は多くいるため注意が必要です。ビートパルプも犬が「便秘」になる恐れがあります。

とはいえ、それらのマイナス要素を感じさせないほど、チキン70%のインパクトは大きいです。これだけ豊富に「動物性たんぱく質」が摂取できて、1kgあたりの価格が1000円以下で買えるドッグフードは珍しく、費用対効果はかなり大きいと言えます。

しかし、2016年8月現在、プラチナムナチュラルのドッグフードは公式サイトでのみ購入可能となっており、送料も時間もかかります。そのため、楽天やアマゾンでの購入に慣れている方にとっては不便に感じるかもしれません。

プラチナムナチュラルの口コミ/評判

それでは、実際にプラチナムナチュラルを使った飼い主さんの口コミ評判を紹介していきます。

食いつきは、抜群に良いです。うちのワンコですが、生後7ヶ月でフードを食べなくなり、多くのフードを試したが食いつき悪く、ネットで見つけたプラチナムナチュラルドックフードを与えたところ、ガツガツの食欲。それから三年間近く飽きず、ガツガツ食ってます。うちのワンコにはあったみたい。とりあえず、試してみる価値はあると思います。

半生なためか、今まで好き嫌いの多い仔が食べてくれます。あげる量を上げすぎないようにすれば、残しませんし、少し足りないくらいがちょうどよいかもしれません。

一度胃捻転を起こしたので、このフードに変えてみました。まず変わったのは、うんち。ほぼ毎日とても状態の良い、しっとりとしたうんちが出ています。でも、たまに嘔吐があったり、気持ち悪そうにペロペロしている時があったり、食べた後、異常なほどにお腹がゴロゴロ(グーグー?)鳴っている時があります。フードのせいなのか、体質なのか分かりませんが。。。なので、ペパーミントのサプリメントと一緒に与えています。とりあえず調子は良さそうなので、続けていきます。

プラチナムは1粒=1gなので、数えやすいです。プラチナムの粒は1cm×1.5cmですが、半生ドライフードなので、指先でフード粒を割ることも出来ます。板状の黒糖を割ったような感じ。人間が食べている生肉と同じ肉を70%配合し、胃の中で膨張することがないのも特徴の一つです。

以前はオーガニックだというフードを与えていましたが、アレルギー持ちの犬に合わない様な感じがしたのでこちらを購入しました。食い付は今までのフードの中で一番です。私は余り香りが好きではありませんが犬にはとても良い香りのようです。飽きる事が無いようです。只、最初与えた時は1週間位便が柔らかくなりました

食が細くあまりドックフードを食べてくれません。この商品はめちゃくちゃ食いつきがいいとまではいいませんがちゃんと食べてくれます。続へてみようかなって思ってます。

なかなか食べてくれない1.5kgのチワワのために、購入しました。臭いは結構しますが、それがいいのか食いつきはいいです。ドライフードですが、やわらかいので保存料がちょっと心配…

1回目は食べたのですが、その後が続きませんでした。残念です。

ロングコートチワワ15歳体重1キロ、高齢なので初めは唯一食べる缶詰にふやかして少量混ぜて与えてみましたが、いやいや少量食べてほとんど残してしまいました。

最初は喜んで食べていた愛犬ですが、すぐに全く食べなくなってしまいました。とても良いフードだと思うので残念です。

プラチナムナチュラルを使った飼い主さんの感想は、食いつきの面で「ガツガツ食べてくれる」という意見と、「食べたのは最初だけだった」という意見で分かれています。

ドッグフードが自分の犬に合うかどうかは結局のところ、実際に与えてみないとわからないものなので、食いつきに関しては仕方のないことだと思いますが…プラチナムナチュラルは幸運にも、「無料サンプル」と「返金保証」の両方が付いている珍しいドッグフードなので、「購入したドッグフードが全て無駄になった」という心配はなさそうです。

ただ、プラチナムナチュラルはドライフードの中でもかなり柔らかい部類に属し、保存する際には注意が必要です。密封保存できる容器を使用するなどして、ドッグフードの劣化を防ぎましょう。

【参考:ドッグフードの保存に便利!真空密封できるおすすめ容器4選

まとめ

以上今回は、プラチナムナチュラルドッグフードの原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果、プラチナムナチュラルは原材料に不安なものが含まれてはいるものの、チキンが豊富に含まれており犬に必要な栄養素を十分に摂取できるドッグフードであることが分かりました。

「無料サンプル」や「返金保証」も利用できるので、飼い主にとっては試しやすく嬉しいドッグフードであると言えます。1kgあたりの価格も1000円前後と、チキンが70%も含まれていることを考えると低価格だと思います。

コスパが高く栄養価にも優れているので、愛犬にぴったりのドッグフードを探している飼い主さんは一度試して見るのも良いでしょう。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

2 件のコメント

  • はじめまして。
    とっても参考になりました(^^)
    今コーギーを飼っているのですが、肥満気味の為ダイエットをしないと身体に負担がかかると思いフードの検討をしているのですが、ダイエットに向いていて身体にいいフードはどの種類になりますでしょうか??
    いきなりのコメント、質問で失礼かと思いますがとても悩んでいるのでよければご回答お願いします。

    • こーの様

      この度はコメントを頂きありがとうございます。

      ダイエットにおすすめのドッグフードに関しては、
      以下の記事にまとめているので
      もし良ければ参考にしてみてください。

      http://xn--u9j3g5bxac5evoo98spnzh.com/diet-1969

      そして、この中でも特におすすめは Aランクの「アカナ」です。
      肥満犬用の商品として『ライト&フィット』が販売されています。

      こちらのドッグフードはダイエットに向いていて、
      からだにも良いドッグフードとなっていますので
      チキンにアレルギーがなければ一度お試しになってみるとよろしいかと思います。

      もし、アレルギーが心配でしたら、
      同じ Aランクの「ティンバーウルフ」を選ぶとよろしいかと思います。

      「ティンバーウルフ」の『ウィルダネスエルク』か『ブラックフォレスト』は
      主原料が鹿肉でグレインフリーのためアレルギーの心配がなく、
      かつ体重管理が必要なワンちゃんにぴったりのドッグフードとなっています。

      以上、頂いたご質問に対する回答となりますが、
      少しでもご参考にしていただければ幸いです。

      それでは、引き続き
      『ドッグフードの達人』をよろしくお願いします。