これだけは避けるべき!ドッグフードの危険な原材料まとめ

w

ドッグフードに使われる原材料の中で、「これが入っていると危険」「これだけは避けた方が良い」というものを紹介します。ドッグフードを選ぶ時の参考にどうぞ!

 

スポンサードリンク

畜肉副産物・ミール・エキス・パウダー

チキン・ビーフというはっきりした名称ではなく、鶏副産物、チキンミール、ビーフパウダーなどと表現をぼかしている場合は要注意。チキンやビーフが使われているように見えて、鶏肉や牛肉(いわゆる肉の部分)はほとんど使われていません。

そもそも副産物とは、鶏や牛から食肉部分を除いたもの・・・鶏でいうところの、クチバシやトサカ、羽根や内臓などがこれにあたります。血液や糞尿なども含みます。

これら副産物を寄せ集めてレンダリングし、粉末状にしたものを「◯◯ミール」と呼びます。レンダリングされる副産物の中には、病死・事故死した家畜や、汚染された血液、ガン細胞に感染した器官が含まれることもありとても危険です。

「何が入っているのか分からない」・・・それが、副産物でありミールでありパウダーなのです。

動物性脂肪

動物性脂肪は「動物の油を使っています」というだけで、何の動物から取れた油なのか分かりません。病死・腐敗した家畜から取れた油なのかもしれませんし、数種類の動物の油を混ぜ合わせたものなのかもしれません。

また、動物性脂肪は酸化・劣化しやすいため、それを防ぐために保存料や酸化防止剤が使われることが多いです。アレルギーやガンを引き起こすこともあり危険です。

 

スポンサードリンク

大豆ミール・脱脂大豆

大豆ミール(脱脂大豆)は、大豆を食用に加工した後に残る搾りカスです。大豆ミールは何の栄養もない原材料で犬にとって消化もしづらく、本来は捨てられるはずのものです。

しかし、ドッグフードに入れると「かさ」を増やすことができ、廃棄にかかる費用が逆にお金に代わるため、よく使用されています。大豆ミールには薬品が残留していることもあり、犬の健康を害する恐れがあります。

ビートパルプ

ビートバルプとはサトウダイコン【別名:甜菜(テンサイ)】から砂糖を抽出した後に残る葉と搾りカスのこと。

牛や馬など草食動物のえさによく使われますが、肉食動物である犬にとっては必要のない栄養素です。ビートパルプも大豆ミールと同様に、ドッグフードの「かさ」を増やすために使用されています。

ビートパルプは犬にとって消化しづらい原材料であり、大量に摂取すると便秘になる可能性があります。また、薬品が残留している恐れもあるので、出来ることなら避けたい原材料です。

穀物が主原料のもの

ドッグフードのパッケージには、多く含まれている原材料から順番に記載されていることがほとんどです。この時先頭に、トウモロコシや小麦などの「穀類」が来ていたら要注意です。

そのドッグフードは穀物主体のドッグフードということであり、犬に必要な栄養素を十分に満たしていない可能性が高いです。犬に必要な栄養素は「穀類」ではなく「肉」です。チキンやラム肉など、肉ベースのドッグフードを選ぶのが理想的です。

ドッグフードに使われているトウモロコシなどの穀類は、実が使われていないことはもちろん、食用の植物油を抽出した後に残る搾りカスであることがほとんどで、とても栄養素と呼べる代物ではありません。栄養がないので、ビタミンやミネラルを別に加える必要があるのです。

また、トウモロコシや小麦は犬がアレルギーを引き起こしやすい原材料としても有名です。

【参考:犬がアレルギーを引き起こすのは何故?考えられる原因まとめ

まとめ

以上今回は、ドッグフードに使われている原材料の中で、「これが入っていると危険」「これは避けた方が良い」というものを紹介しました。

・畜肉副産物・ミール・エキス・パウダー・肉類
・動物性脂肪
・大豆ミール・脱脂大豆
・ビートパルプ
・穀物が主原料のもの

ワンちゃんが何を口にするのかは飼い主さん次第です。今与えているドッグフードにこれらの原材料が多く含まれている場合、これを機会に他のドッグフードへの変更も検討してみて下さい。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

w

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です