ドッグフード『ティンバーウルフ』口コミ評判/原材料まとめ

「犬はリビングにいる狼である」という考えのもと開発されたドッグフード『ティンバーウルフ』の成分と原材料を調べてみました。

また、記事の後半では実際にティンバーウルフを使用したみんなの口コミや評判を紹介しています。ティンバーウルフの購入を考えるときの参考にどうぞ。

 

スポンサードリンク

ティンバーウルフとは?

timberwolf_oceanblue
参考価格
3024円(1.36kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約2223円
生産国 アメリカ
酸化防止剤 ◯(トコフェロールほか)
着色料 ◎(未使用)
穀物 ◎(グレインフリー

ティンバーウルフは、肉食動物である犬に理想的な栄養素を摂取できるグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです。ハーブやプロバイオティクス(善玉菌)が配合されていることも特徴的です。

犬の好みや状態に合わせて、

・オーシャンブルー
・ブラックフォレスト
・ウィルダネスエルク
・ワイルド&ナチュラル
・ラム&アップル

の5つの種類のドッグフードが用意されています。公式サイトでは、これらを2〜3ヶ月おきにローテーションで与えることが推奨されています。

今回は、DHAやEPAを豊富に含んだフィッシュベースのドッグフードである『オーシャンブルー』にフォーカスして、その中身を分析していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

ティンバーウルフの成分/原材料

それでは早速、ティンバーウルフ『オーシャンブルー』の成分と原材料を詳しくみていきましょう。(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:ニシン、サーモン、乾燥サーモン、ヒヨコマメ、海魚、乾燥白身魚、サツマイモ、オリーブオイル、サーモンオイル、乾燥ケルプ、乾燥出芽酵母、ニシンオイル、乾燥アルファルファミール、タイム、アニス種子、コロハ、ニンニク、ショウガ、マンゴー、ブルーベリー、クランベリー、ニンジン、乾燥セロリ、乾燥パセリ、乾燥レタス、乾燥クレソン、乾燥ホウレン草、レシチン、塩化コリン、ミネラル[アミノ酸亜鉛複合体、アミノ酸鉄複合体、アミノ酸マンガン複合体、パントテン酸カルシウム、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム]、ビタミン[ビタミンEサプリメント、ビタミンB12サプリメント、ビタミンAアセテート、ナイアシン(ビタミンB3源)、ビタミンD3サプリメント、リボフラビン(ビタミンB2源)、葉酸、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6源)、塩酸チアミン(ビタミンB1源)、ビオチン(ビタミンB7源)、クエン酸(ビタミンC源)、混合トコフェロール(ビタミンE&A源と天然保存料) ]、プレバイオティクス[チコリー根(イヌリン)]、プロバイオティクス[乾燥ラクトバシラスアシドフィルス菌、乾燥ラクトバシラスカゼイ菌、乾燥ラクトバシラス乳酸菌、乾燥バシラスサブチルス菌]、パパイン、ユッカシジゲラ抽出物、βカロチン、フラクトオリゴ糖、タウリン、L-カルニチン、DL-メチオニン、レモンジュース、ローズマリー抽出物(天然保存料)
※レシチン・・・卵黄由来

成分:粗タンパク質 34%以上  粗脂肪 16%以上  粗繊維質 4%以下  粗灰分 7%以下  水分 9%以下
カルシウム 1.75%、 リン 0.9%、 銅 16mg/kg、 ビタミンA 22,000IU/kg、 ビタミンD 1,400IU/kg
ビタミンE 160IU/kg、 オメガ6脂肪酸 3.0%、 オメガ3脂肪酸 1.5%
カロリー 406kcal/100g
[ミネラル値] カリウム 0.77%、 ナトリウム 0.41%、 マグネシウム 0.11%

[出典:http://www.frontbell.com/]

評価Aランク

オーシャンブルーの主原料は、ニシンやサーモンなどの魚を中心に構成されており穀物は含まれていないため、肉アレルギーや穀物アレルギーを持つ犬に安心して与えることができます。また、犬に必要な栄養素である「動物性たんぱく質」を豊富に摂取できるようになっています。

脂分も「オリーブオイル」や「サーモンオイル」と良質なものが使われていますね。

その他の原材料を見渡してみても、オーシャンブルーには犬に危険な原材料は含まれておらず、非常に良質なドッグフードであることが分かります。1kgあたりの価格が約2000円と高価ですが、その価格を支払う価値は十分にありそうです。

ティンバーウルフの口コミ/評判

それでは、実際にティンバーウルフを使った飼い主さんの口コミ評判を紹介します。みんなの声を参考に、ティンバーウルフを客観的に見る時の参考にしてみてください。

7歳のウエスティーにあげています。何でも食べる子なので、いつも良く食べます。哺乳類や鳥類の肉を使っていないので、あげていて罪悪感がありません。

何度もリピしてます。栄養面や素材全てにおいて気に入っています

フードローテーション派ですが、会社によって体質が合わないものも多いため、面倒でティンバーウルフは固定し、季節ごとにぐるぐるローテーションしています

ティンバーウルフはハーブの香りが強く、タンパク源も豊富で選べるので、フードローテ派の我が家にはぴったり

グレインフリーということを含め、フード内容がとても良いので気に入ってます。 もちろん愛犬(大型犬)の食いつきもよく健康はバッチリです。

一年前からずっとティンバーウルフ内でフードローテーションしています。

病気持ちになったため、高品質のフードに切り替えようと思った所、このフードを見つけました。食いつきが良く、しっかりと食べてくれます

オーシャンブルーがなくなったんで 試しに他のメーカーをあげてみたんですが目やにが出ました。

オーシャンブルーは元気に走り回る犬には最強

最後の方になると、フードが粉っぽくなってしまい、給餌器に入れるのには向いていません

ティンバーウルフを試したみんなの感想は、高評価の口コミが多く、その評判も高いです。食いつきも上々のようで、ティンバーウルフのドッグフードでローテーションしている飼い主さんも大勢いらっしゃいました。

「ティンバーウルフを食べさせた後に犬が不調になった」という声はほとんどなく、犬の体に優しいドッグフードであることは間違いないでしょう。

まとめ

以上今回は、ティンバーウルフドッグフードの原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果、ティンバーウルフは栄養バランスに優れており、グレインフリーで犬のアレルギーにも配慮した安心・安全のドッグフードであることが分かりました。当サイトでも自信を持っておすすめできるドッグフードです。

犬のアレルギーに悩んでいたり、品質の良いドッグフードをお探しの飼い主さんは一度試してみると良いでしょう。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です