ヤラー(オーガニック)の解析|成分や口コミからわかる本当の評判

ドッグフードの解析
愛犬家のみなさん、こんにちは!
ドッグフードの達人(@dogfoodmaster)です。

今回の解析は、オランダ産高品質ドッグフード「ヤラー」です。
オーガニックなので安心して与えられると評判です。

■今回の解析商品:ヤラー オーガニックドッグフードチキン

【1】ヤラーの総合評価(★2.8)

総合評価(2.8/5)

ランクDランク(★2.0以上)
原材料(0/5)
添加物(4.5/5)
成分(4/5)
安全性(2.5/5)
コスパ(2/5)
利便性(3.5/5)

>>全ランク一覧はこちら<<


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

総評:オーガニックだが原材料がいまいち

「ヤラー」は、YARRAHというオランダの会社が製造販売しているドッグフードです。当サイト独自の評価基準で厳正に審査した結果、「Dランク」の評価となりました。

ヤラーはオーガニックの原材料が用いられている良質なドッグフードですが、トウモロコシ、小麦、大豆など犬に適していない原材料が含まれているのも事実です。ただ、添加物については栄養強化のために用いられる合成ビタミンと合成ミネラル以外含まれていないようです。

そして、成分については標準的なものになっており、大きな問題はありません。Amazonや楽天から購入できるので利便性も悪くありません。そして、価格は100gあたり240円であり、高めになっているようです。

ヤラーの基本情報

参考価格通常価格:2kg/4800円(税別)
100gあたり約240円
カロリー346kcal/100g
メイン食材鶏肉
原産国オランダ
対応年齢成犬~シニア犬
賞味期限未開封なら1年、開封済みなら1か月
販売元YARRAH
注目ポイント
  1. オーガニック
  2. 安心の品質管理
  3. 第一原材料が肉類
最安値 Rakuten

【2】ヤラーの特徴

続いて、ヤラーの特徴をより詳しくご紹介いたします。

①オーガニック


ヤラーはオランダ、スウェーデン、ノルウェーの3カ国でオーガニックの認証を受けているドッグフードです。ちなみに、オーガニックの認証は原材料だけでなく、完成した製品も受けています。

そして、ヤラーのドッグフードのオーガニック認証割合はほぼ100%になっています。

②安心の品質管理


ヤラーは製造工場の内部のことを公開している数少ないドッグフード製造会社です。そして、ヤラーの製造工場はISOの認証を受けており、工場の内部は清潔に保たれています。

また、原材料はすべてトレーサビリティが確保されていて、生産者やその内容を追跡することが可能です。

③第一原材料が肉類

安いドッグフードの場合、第一原材料は穀物になっています。しかし、犬はもともと肉食の動物であり、現在でも肉食寄りの雑食動物です。そのため、犬に一番必要なのは肉類です。

そして、ヤラーの第一原材料は肉類になっています。たとえば、ヤラー オーガニックチキンの場合、メイン食材は鶏肉になっています。そのため、ヤラーは犬に適したドッグフードだと言うことができます。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【3】ヤラーの原材料と成分

ヤラーに含まれている原材料と成分は以下の通りです。
(ピックアップ食材は緑文字マイナス食材は赤文字で表記しています。)

原材料
鶏肉*/全粒オート麦*/トウモロコシ*/全粒小麦*/大豆外皮*/鶏脂*/えんどう豆*/バオバブ*/ニシン/乾燥豚レバー*/ひまわりの種皮*/イースト/ビタミン類(VC、VB3、VB12、パントテン酸、塩化コリン、硫酸カリウム、ビオチン、VA、VB2、VK、VB1、葉酸、VD3)/ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、ヨウ化カリウム、亜セレン酸Na)/酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ビタミンE)(*=オーガニック認定原材料)
成分

鶏肉

ヤラーの主原料は鶏肉です。

鶏肉は消化吸収のよい上質なタンパク源で、鉄分やビタミンも豊富です。高タンパク・低脂質を理想とする犬にはぴったりの原材料と言えます。

鶏脂

鶏脂とは鶏の脂肪のことですが、通常、廃棄されるような肉から製造されていると言われています。

ただ、ヤラーはオーガニックの原材料を用いていると明記しているため、問題ない原料から製造されていると判断しました。

えんどう豆

えんどう豆には皮ふや粘膜の健康を維持する効果があります。また、ホルモンや免疫抗体や血液が体内で生成されるのを助けます。

トウモロコシ

ヤラーに使用されているトウモロコシは、オーガニックのものなので、比較的安心できます。

消化しやすいものではありませんが、犬のエネルギー源となる糖質や植物性タンパク質、ビタミンやミネラルの補給に役立ちます。

ただ、まれにアレルギー反応が出ることもあるため、与える際は注意が必要です。

全粒小麦

全粒小麦とは、通常は精白で除去される皮、胚などの部分まで使用した小麦のことです。

そして、小麦は、犬がアレルギーを引き起こしやすい原材料であるため、与える際は注意が必要です。また小麦に含まれるグルテンは消化しにくく、愛犬のお腹に負担をかけてしまいます。

大豆外皮

大豆外皮とは、大豆の外側を覆っている皮のことです。

そして、大豆には植物性たんぱく質をはじめ、必須アミノ酸、リノール酸、イソフラボンなどの成分が含まれています。特に植物性たんぱく質は豊富です。

ただ、大豆はアレルゲンになりやすい食材です。また、消化にもあまりよくないので食べすぎには注意が必要です。

塩化ナトリウム

犬の塩分摂取量は人間の3割以下が目安です。塩分が多い食事を続けると、心臓や腎臓に負担がかかってしまい、さまざまな病気の原因になってしまうかもしれません。

そのため、犬は塩化ナトリウムなどで直接塩分をとるのではなく、原材料に含まれているナトリウムから塩分を摂取するのが望ましいとされています。

ドッグフードの達人
ヤラーはオーガニックの原材料を使用したオーガニックのドッグフードです。ただ、トウモロコシ、全粒小麦、大豆外皮、塩化ナトリウムなどよくない原材料が含まれているのも事実です。

ただ、添加物については合成ビタミンと合成ミネラル以外含まれていません。成分についても標準的であり、大きな問題はないようです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【4】ヤラーの口コミと評判

実際にヤラーを使った人の口コミ情報はまだありませんでした。

**口コミ募集中**

【5】ヤラーの最安値

公式サイト
Amazon
楽天市場
初回購入
通常購入4800円4100円3334円
定期購入
送料640円0円0円

ヤラーは公式サイトから購入することはできませんが、Amazonや楽天などの通販サイトから購入することができます。そして、楽天から購入したほうがお得になっています。

そして、ヤラーは多くのドッグフードと同じように、大きなパッケージを購入したほうがお得になっています。

内容量価格
600g1630円
2kg4800円
5kg10500円
10kg19980円

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【6】ヤラーの与え方

この項では、ヤラーの与え方について解説していきたいと思います。

給餌量

ヤラーの給餌量は以下の表の通りです。

ただ、この値はあくまで目安です。給餌量は年齢、活動量、代謝などによって異なります。愛犬に与えてみて、太ってきたら量を減らし、やせすぎてしまったら量を増やすようにしましょう。

フードの切り替え方

前のフードから、ヤラーへ切り替えるときには、徐々に切り替えていくようにしましょう。

具体的には、まずヤラーを前のフードに1割ほど混ぜて与えます。そして、2日目は2割程度、3日目は3割程度などと、7~10日ほどかけてヤラーの割合を増やしていき、前のフードを減らしていくといいでしょう。

また、おなかが弱い犬の場合はもう少し長い時間をかけてゆっくりと移行していくようにしましょう。

もし急に新しいフードを与えてしまうと、犬のおなかがびっくりして、下痢の原因になってしまうかもしれません。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【7】ヤラーの賞味期限と保存方法

いくら良いフードでも、保存方法を間違えてしまったり、賞味期限を過ぎてしまったりすると、愛犬に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

そこで、この項ではヤラーの賞味期限と保存方法について解説していきたいと思います。

賞味期限

ヤラーの賞味期限は未開封の場合には1年、開封済みの場合には1か月になっています。

そして、ドッグフードは賞味期限を過ぎると酸化が進んでしまい、食いつきが悪くなってしまいますし、犬のさまざまな健康被害の原因になってしまう場合もあります。ドッグフードは賞味期限内に食べきるようにしましょう。

保存方法

ヤラーは常温で冷暗所に保存するといいでしょう。

そして、温度や湿度が高い場所は避けるようにしてください。ちなみに、冷蔵庫に保存するのは避けるようにしましょう。冷蔵庫に保存してしまうと外に出したときに温度差で結露してドッグフードが湿ってしまい、それがカビの原因になる可能性があるからです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【8】ヤラーの注意点

ヤラーには注意が必要な点もあります。それぞれ見ていきましょう。

アレルギーに注意!

すべての食材や添加物は、アレルギーを引き起こす可能性があります。そのため、ドッグフードに含まれている原材料により、アレルギーが引き起こされてしまう可能性もあります。特にヤラーに含まれているトウモロコシ、全粒小麦、大豆外皮はアレルゲンになりやすい食材です。

ですので、アレルギー検査などを行い、愛犬のアレルギーについてはあらかじめ把握しておいたほうがいいでしょう。

また、ドッグフードを食べて嘔吐、下痢、かゆがる、発疹などアレルギーと思われる症状が出た場合には、そのドッグフードを食べるのはやめたほうがいいでしょう。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【9】ヤラーの種類

ヤラーには以下のようなラインナップがあります。

ドライフード

グレインフリー


グレインフリーはオーガニックチキンをメイン食材として使用した穀物が不使用のドッグフードになっています。こちらの記事で解説していますが、ヤラーのラインナップの中では、一番おすすめできる内容です。

オーガニックドッグフードチキン


オーガニックドッグフードチキンはメイン食材としてチキンを使用したドッグフードになっています。

センシティブ


センシティブはアレルギー体質の犬のためのドッグフードになっています。犬にとってアレルゲンになりやすい小麦、大豆、トウモロコシなどが使用されていません。

ベジタリアン


ベジタリアンは動物性タンパク質が不使用のドッグフードになっています。

シニア


シニアはシニア犬に適したドッグフードになっています。

小型犬専用


小型犬専用は小型犬に適したドッグフードになっています。具体的には、小型犬でも食べやすいように、直径が7mm程度の小さな粒をしています。

パピー


パピーは成長期の幼犬など、多くの栄養が必要な犬のためのドッグフードになっています。幼犬以外では、妊娠・授乳期の母犬、運動量が多い犬などに適しています。

アルミトレー

チキンのドッグチャンク


チキンのドッグチャンクは鶏肉と牛肉がメインに使用されているドッグフードになっています。アルミトレー商品の中では一番人気があります。

チキンと野菜のドッグチャンク


チキンと野菜のドッグチャンクは鶏肉をメインとし、にんじんやえんどう豆がトッピングされているドッグフードになっています。

ベジタリアンドッグチャンク


ベジタリアンドッグチャンクは肉や魚などの動物性原料を一切使用していないドッグフードになっています。

チキンと海藻のドッグパテ


チキンと海藻のドッグパテは鶏肉と牛肉をメイン食材として使用し、海藻を配合したドッグフードになっています。

ビーフとスピルリナのドッグパテ


ビーフとスピルナのドッグパテは牛肉と鶏肉をメイン食材として使用し、ビタミン、ミネラル、タンパク質を多く含むスピルリナを配合したドッグフードになっています。

缶詰

チキンチャンク缶


チキンチャンク缶は鶏肉をメイン食材として使用した缶詰タイプのウェットフードです。鶏肉がサイコロ状になって入っています。

チキンパテ缶


チキンパテ缶は鶏肉をメイン食材として使用したウェットフードです。鶏肉がペースト状になっており、栄養が豊富なスピルリナが配合されています。

ビーフチャンク缶


ビーフチャンク缶は鶏肉と牛肉をトマトソースとハーブで煮込んだ缶詰タイプのウェットフードになっています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【10】ヤラーのQ&A

その他、ヤラーによくある質問をまとめました。

Q①:粒の大きさはどのくらいですか?


ヤラーの粒は直径が10mm程度の円盤型になっています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

ドッグフードの達人
平均:  
 0 レビュー
スポンサードリンク