ドッグフード『ビィ・ナチュラル』原材料分析!口コミ評判も

オーストラリア生まれのドッグフード『be-NatuRal(ビィ・ナチュラル)』の成分/原材料を徹底的に分析し、評価してみました。

合わせて、ビィ・ナチュラルを使ったみんなの口コミ/評判を紹介し、客観的な観点からもビィ・ナチュラルを分析したいと思います。

「ビィ・ナチュラルが気になっている」「ビィ・ナチュラルって結局のところどうなの?」という方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

be-NatuRal(ビィ・ナチュラル)とは?

スクリーンショット 2015-08-06 午後1.16.06
[出典:amazon.co.jp]

参考価格
4212円(3.3kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約1276円
生産国 オーストラリア
酸化防止剤 ◯(トコフェロール・ローズマリー抽出液)
着色料 ◎(未使用)
穀物 ×全粒小麦トウモロコシほか)

ビィ・ナチュラルのドッグフードは公式サイトの説明によると以下のような特徴があるようです。

・ヒューマングレードの原材料であること
・人口添加物を一切使用していないこと
・「安全性」「健康」「おいしさ」を満たしたパーフェクトなフードであること

「パーフェクトなドッグフード」と自負しているあたり、品質には絶対の自信を持っているように見受けられますが…果たして本当でしょうか?次の項で詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

be-NatuRal(ビィ・ナチュラル)の成分/原材料

それでは早速、ビィ・ナチュラルの成分/原材料を詳しくみていきましょう。今回は、ビィ・ナチュラル『アダルト小粒』を例に、その成分/原材料を見ていきたいと思います。(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料・成分:鶏肉、全粒小麦、牛脂、ショ糖、ミートエキス(グレービー)、乾燥酵母、オート麦、乾燥全乳、トウモロコシ大豆、キャノーラ油、ブドウ糖、魚油、魚、酸化防止剤(ミックストコフェロール[天然ビタミンE源]・ローズマリー抽出液)、フラクトオリゴ糖、ユッカ抽出液、ビタミン類(C、E、B3、パントテン酸カルシウム、ビタミンAアセテイト、B1、B6、D、葉酸、K、B12、ビオチン)、ミネラル類(第二リン酸カルシウム、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、硫酸銅、セレン、酸化マンガン、ヨウ化カリウム、炭酸コバルト)

[出典:amazon.co.jp]

評価Cランク

「完璧なドッグフード」ということで期待をしていましたが、原材料を見ると「そうでもない」というのが正直なところです。

主原料にヒューマングレードの鶏肉や新鮮な油脂などが使われていることはとても良いのですが、ワンちゃんが苦手な穀物が多く含まれているのも事実です。特に、トウモロコシや大豆・小麦はワンちゃんがアレルギーを引き起こしやすいことで有名です。

「完璧なドッグフード」と銘打ってはいるものの、穀物が多く入っている時点で完璧でない気がします。

【参考:これだけは避けるべき!ドッグフードの危険な原材料まとめ

例えヒューマングレードの原材料であっても、ワンちゃんがアレルギーに悩むのであれば意味がありません。1kgあたり1200円の価格にしては、いまいち物足りない印象ですね。

完璧なドッグフードを謳うのであれば、少なくとも「トウモロコシ・小麦・大豆」は使用しないで頂きたいです。

be-NatuRal(ビィ・ナチュラル)の口コミ/評判

それでは、実際にビィ・ナチュラルを使った飼い主さんの口コミ/評判を紹介します。みんなの声を参考に、ビィ・ナチュラルを客観的に見る時の参考にしてみてください。

食べやすさを考えて小粒にしましたが、思った以上に小さくてびっくりしました。でも良くたべてくれてます。

小粒なのと、程よい堅さなのか、カリカリでも食べてます。

愛犬のことを考えると、プレミアフードにしたいですが、あまりに高額なものではなかなか続けれれません。これなら金額的にも(量を食べないので)続けられそうです。

パッケージにジップなどがなく、ビニールも弱いので保管に困ります。フードは、とてもいいと思うのですが。

よろこんで食べてくれるので、良かったです。安心して与えられます。

うちの子は 喜んで食べてくれるので 少し続けていきたいと思ってます これのおかげで 体調が良くなっているのか まだわかりませんが

食いつきが良くて臭いも気にならなくてとても気にいってます。

食いつきもよく うんちの状態もよいので 次回も購入しようと思います。

ワンコ自身が食べ比べをして選んだオーストラリア産の無添加ドッグフードですが、消費税UP及び、円安でまたまた価格がUPしていました。はじめは、容量が1kg減り、次に消費税UP、そして、今度は円安によりまたUPです。ワンコが選んだ物なので仕方ないとはいえ、この調子ではマタマタUPしそうです。

子犬の時からずっと食べさせているこちらのビィナチュラルですが、ここのところの円安で量が減ったりお値段そのものがUPしていたりで購入する度にガックリきています・・・。ワンコたちのお気に入りですし、人間にとっても嫌な油の匂いが少ないなどいいフードだと思っているので買いますが、お値段がつらくなってきたのも事実です。

ビィ・ナチュラルの口コミは、品質面では満足している飼い主さんが多いものの、価格面で不満を持っている飼い主さんが多いという結果になりました。ここ最近の円安傾向でドッグフードの量が減ったり、価格がUPしたりしているようですね…確かにこれは愛犬家にとってはつらいかも。

まとめ

以上今回は、オーストラリア生まれのドッグフード『be-NatuRal(ビィ・ナチュラル)』の成分と原材料、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果、ビィ・ナチュラルは添加物には安心できるものの、トウモロコシや小麦・大豆といった穀物も含まれており、穀物アレルギーを引き起こす恐れがあることが分かりました。

アレルギーに悩むワンちゃんには、同社のアレルカットシリーズ(トウモロコシ・小麦・大豆不使用)を試してみるのも良いかもしれませんが…1kgあたりの価格が2000円以上もするので、あまり現実的ではない気がします。

ワンちゃんにぴったり合ったドッグフードを見つけることは中々難しいものではありますが…原材料をしっかりチェックして、犬の健康に本当に良いフードを選んであげたいものですね。

ドッグフードの達人

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。