Pet Do(ペットドゥ)の解析|成分や口コミからわかる本当の評判

ドッグフードの解析
愛犬家のみなさん、こんにちは!
ドッグフードの達人(@dogfoodmaster)です。

今回の解析は、発酵製法で作られたドッグフード「Pet Do」です。
消化器官への負担を考慮して作られたドッグフードです。

■今回の解析商品:Pet Do 成犬用メンテナンス

【1】Pet Doの総合評価(★2.8)

総合評価(2.8/5)

ランクDランク(★2.0以上)
原材料(0/5)
添加物(4.5/5)
成分(4/5)
安全性(1.5/5)
コスパ(3/5)
利便性(3.5/5)

>>全ランク一覧はこちら<<


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

総評:犬に適さない穀物が多いドッグフード

「Pet Do」は、ジャンプという日本の会社が製造販売しているドッグフードです。当サイト独自の評価基準で厳正に審査した結果、「Dランク」の評価となりました。

Pet DoはバチルスZ菌という腸内環境をサポートする菌類が含まれているドッグフードです。粗悪な原材料は含まれていませんが、トウモロコシ粉、小麦粉、フスマ、脱脂大豆など犬に適していない原材料が多く含まれています。

ただ、添加物と成分について特に問題になる部分はありません。Amazonでも楽天でも購入することができるため利便性も悪くないですね。価格については100gあたり99円であり、妥当な価格設定と言えるでしょう。

Pet Doの基本情報

参考価格通常価格:3kg/2963円(税別)
100gあたり約99円
カロリー350kcal/100g
メイン食材ポーク
原産国日本
対応年齢成犬用
賞味期限不明
販売元ジャンプ
注目ポイント
  1. 消化器官への負担に配慮
  2. 安心の国内生産
  3. クマザサエキスを配合
最安値 Rakuten

【2】Pet Doの特徴

続いて、Pet Doの特徴をより詳しくご紹介いたします。

①消化器官への負担に配慮

Pet Doは消化器官への負担に配慮したドッグフードです。具体的には、バチルスZ菌という菌類を使用することで消化をサポートします。

バチルスZ菌とはバチルス菌を5種類組み合わせたもののことで、5種類はそれぞれ炭水化物、タンパク質、セルロースなどを専門に分解して消化器官を助けます。

②安心の国内生産

Pet Doは北海道の工場で生産されています。工場内には製品の品質をチェックするための品質分析室が設置されており、高い品質が保たれています。

また、Pet Doの工場は衛生管理の面でも一般食品工場並みのレベルを保っているので安心です。

Pet Doはそんな工場で20時間かけてゆっくり丁寧に製造されています。

③クマザサエキスを配合

Pet Doではクマザサエキスを配合しています。クマザサは北海道に自生している生命力が高いイネ科の植物で、ササオリゴ糖という注目成分が含まれています。

この成分は胃で分解されにくく、大腸までしっかり届くオリゴ糖です。ササオリゴ糖は大腸で善玉菌のエサになって腸内環境をサポートします。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【3】Pet Doの原材料と成分

Pet Doに含まれている原材料と成分は以下の通りです。
(ピックアップ食材は緑文字マイナス食材は赤文字で表記しています。)

原材料
ポークチキントウモロコシ粉フスマ小麦粉脱脂大豆、フィッシュミール、植物油、ビール酵母、米糠、関節保護(グルコサミンコンドロイチン)、ササ抽出物、醗酵菌、パン酵母、カルシウム強化(炭酸Ca、リン酸Ca)、DL-メチオニン、ミネラル類(鉄、マグネシウム、亜鉛、銅、コバルト、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(塩化コリン、E、ナイアシン、B2、パントテン酸Ca、イノシトール、K、A、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12、D)
成分
粗タンパク質 25.0%以上、粗脂肪 12.0%以上、粗繊維 5.0%以下、粗灰分 7.0%以下、水分 10.0%以下

ポーク

Pet Doの主原料はポークです。

動物性たんぱく質が多く含まれているポークは犬にとっていい食材であると言えるでしょう。

また、ポークには悪玉コレステロールを減らしたり、動脈硬化を予防したり、脳機能を維持したりする効果もあります。

そして、ビタミンB群による疲労回復、情緒安定、動脈硬化予防、夏バテ予防などの効果もあります。

チキン

鶏肉は消化吸収のよい上質なタンパク源で、鉄分やビタミンも豊富です。高タンパク・低脂質を理想とする犬にはぴったりの原材料と言えます。

ビール酵母

ビール酵母とは、簡単に言うと「ビール作りの過程で使われる酵母菌の一種」で、アミノ酸・ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいます。

弱った胃腸の働きを活発にし、不足しがちな栄養素の補給に役立ちます。

グルコサミン

グルコサミンは、コンドロイチンなどの軟骨成分の元になる成分で、愛犬の関節をサポートします。

コンドロイチン

コンドロイチンは軟骨成分の一つで、愛犬の関節をサポートします。グルコサミンと同時に摂取することが推奨されています。

トウモロコシ粉

トウモロコシ粉はトウモロコシを粉状にしたものです。Pet Doに使用されているトウモロコシは、品質が明記されていないため、栄養にほとんど期待できない「ひげ・皮・芯」の部分が使われている可能性があります。

消化不良になったり、穀物にアレルギー反応が出たりすることもあるため、与える際は注意が必要です。

フスマ、小麦粉

小麦粉は小麦を粉状にしたものです。また、フスマとは小麦の皮の部分のことです。

小麦は、犬がアレルギーを引き起こしやすい原材料であるため、与える際は注意が必要です。また小麦に含まれるグルテンは消化しにくく、愛犬のお腹に負担をかけてしまいます。

脱脂大豆

脱脂大豆とは、大豆を加工した後に残る搾りかすのことです。栄養分が少ない上、消化もしにくいため、下痢などの消化不良を起こしたり、免疫力が低下したりする可能性があります。

ドッグフードの達人
Pet Doはミール系などの粗悪な原材料が含まれていないと明記されていますが、トウモロコシ粉、小麦粉、フスマ、脱脂大豆など犬に適していない原材料が多く含まれています。

ただ、添加物は栄養強化のために使用される合成ミネラルと合成ビタミン以外含まれておらず、成分にも大きな問題はないようです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【4】Pet Doの口コミと評判

Pet Doの口コミは以下の通りです。

良い口コミ評判

よい食い付きです
こんなにわんちゃんが食い付きよく食べたのは初めてでした。今までは朝あげても夜まで残っている感じでしたがペットドゥは欲しい欲しいとせがまれる程です。あげても凄い勢いで即完食!こんなことあるのかとビックリしました。
お腹が弱く直ぐにピーピーになってしまう子なのでペットドゥに変えて直ぐ色形量ベストです!オヤツ要らずのご飯ですね!
少し高めなのかと思いますが、わんちゃんの事思うと美味しそうだしオヤツも減るし安いかもですね(^^)うちはこれで決まりです!

常に新しいので安心です
最近、排便がうまくできずとても苦しそうなので、お腹にやさしそうなフードを探していてこれをみつけました。まだ与えてから数日なのでわかりませんが、まえのフードに混ぜたりして食べさせています。小分けになっているので、常に新しい状態なので安心です。短期間ではわからないと思うので、リピートして買ってみようと思っています。リピートのクーポンが300円分ついていたので、買いやすくていいですよ。

安心して食べさせられます
愛犬に安心して食べさせられるフードです!!お安く提供して頂けて感謝しています☆

悪い口コミ評判

合いませんでした
うちの3匹には合わなかったかと思います。軟便になりました。今まで色々食べさせたなかで一番合わなかったかと思います。

ドッグフードの達人
Pet Doには食い付きが良いという声や個別包装なのがうれしいという声が多く寄せられているようです。

ただ、合わない場合もあるようです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【5】Pet Doの最安値

公式サイト
Amazon
楽天市場
初回購入
通常購入5000円2963円3439円
定期購入
送料0円580円0円

Pet Doは公式サイトから購入することができ、Amazonや楽天などの通販サイトからも購入することができます。そして、楽天から購入するのが最安値になっているようです。

そして、多くのドッグフードと同じように、Pet Doでは大きなパッケージの商品のほうがお得になっています。具体的な価格表は以下のとおりです。

内容量価格
1kg(200g×5)2000円
3kg(200g×15)5000円
8kg(4kg×2)12500円


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【6】Pet Doの与え方

この項では、Pet Doの与え方について解説していきたいと思います。

給餌量

Pet Doの給餌量は以下の表の通りです。

ただ、この値はあくまで目安です。給餌量は年齢、活動量、代謝などによって異なります。愛犬に与えてみて、太ってきたら量を減らし、やせすぎてしまったら量を増やすようにしましょう。

フードの切り替え方

前のフードから、Pet Doへ切り替えるときには、徐々に切り替えていくようにしましょう。

具体的には、まずPet Doを前のフードに1割ほど混ぜて与えます。そして、2日目は2割程度、3日目は3割程度などと、7~10日ほどかけてPet Doの割合を増やしていき、前のフードを減らしていくといいでしょう。

また、おなかが弱い犬の場合はもう少し長い時間をかけてゆっくりと移行していくようにしましょう。

もし急に新しいフードを与えてしまうと、犬のおなかがびっくりして、下痢の原因になってしまうかもしれません。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【7】Pet Doの賞味期限と保存方法

いくら良いフードでも、保存方法を間違えてしまったり、賞味期限を過ぎてしまったりすると、愛犬に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

そこで、この項ではPet Doの賞味期限と保存方法について解説していきたいと思います。

賞味期限

Pet Doのホームページに賞味期限に関する記載は特にありませんでした。ただ、ドッグフードは一般的に、開封したら1ヶ月以内に食べきるべきと言われています。

そして、ドッグフードは賞味期限を過ぎると酸化が進んでしまい、食いつきが悪くなってしまいますし、犬のさまざまな健康被害の原因になってしまう場合もあります。ドッグフードは賞味期限内に食べきるようにしましょう。

保存方法

Pet Doは常温で冷暗所に保存するといいでしょう。

そして、温度や湿度が高い場所は避けるようにしてください。ちなみに、冷蔵庫に保存するのは避けるようにしましょう。冷蔵庫に保存してしまうと外に出したときに温度差で結露してドッグフードが湿ってしまい、それがカビの原因になる可能性があるからです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【8】Pet Doの注意点

Pet Doには注意が必要な点もあります。それぞれ見ていきましょう。

価格に注意!

Pet Doは確かに良い原材料を用いていて、犬の体にとって良いフードになっていますが、値段は高いため、飼い主の経済的負担は大きくなってしまいます。

具体的には、Pet Doは体重5㎏の成犬の場合、給餌量の目安は126gなので、1日あたり約124円になります。これは、1か月で約3700円かかる計算になります。

ただ、ドッグフードの適量は愛犬の運動量などによっても変わるため、これはあくまで目安です。

アレルギーに注意!

すべての食材や添加物は、アレルギーを引き起こす可能性があります。そのため、ドッグフードに含まれている原材料により、アレルギーが引き起こされてしまう可能性もあります。Pet Doに含まれているとうもろこし粉、脱脂大豆、小麦粉、フスマはアレルゲンになりやすい原材料なので注意が必要です。

ですので、アレルギー検査などを行い、愛犬のアレルギーについてはあらかじめ把握しておいたほうがいいでしょう。

また、ドッグフードを食べて嘔吐、下痢、かゆがる、発疹などアレルギーと思われる症状が出た場合には、そのドッグフードを食べるのはやめたほうがいいでしょう。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【9】Pet Doの種類

Pet Doには以下のようなラインナップがあります。

  • 仔犬・小型犬用(パピー)
  • 成犬用(メンテナンス)
  • 高齢犬用(シニア)
  • 肥満犬用(ライト)


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【10】Pet DoのQ&A

その他、Pet Doによくある質問をまとめました。

Q①:粒の大きさはどのくらいですか?


Pet Doの粒は円筒形で直径は10mm程度になっています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

スポンサードリンク