ナウフレッシュドッグフード|成分や口コミからわかる本当の評判

ドッグフードの解析
愛犬家のみなさん、こんにちは!
ドッグフードの達人(@dogfoodmaster)です。

今回の解析は、ヒューマングレードのグレインフリードッグフード『ナウフレッシュ』です。
高品質の素材を使っているのに100gあたり約174円のお手頃価格だと評判です。

■今回の解析:ナウフレッシュ グレインフリーアダルト

【1】ナウフレッシュの総合評価(★4.3)

総合評価(4.3/5)

ランク Aランク(★4.0以上)
原材料 (4.5/5)
添加物 (4.5/5)
成分 (4/5)
安全性 (5/5)
コスパ (5/5)
利便性 (3/5)

>>全ランク一覧はこちら<<


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

総評:利便性があと一歩の高品質高コスパドッグフード

「ナウフレッシュ(NOW FRESH)」は、ペトキュリアンというカナダの会社が製造し、グローバルペットニュートリションという日本の会社が販売しているドッグフードです。当サイト独自の評価基準で厳正に審査した結果、「Aランク」の評価となりました。

ナウフレッシュはグレインフリーで人も食べられる原材料を使用しており、塩化ナトリウム以外に特に気になる原材料はありません。添加物も合成ミネラルと合成ビタミン以外含まれていないようです。成分にも問題は見られません。

高品質のドッグフードでありながら、価格は100gあたり174円であり、かなりお値打ちになっています。ただ、定期コースもお試しパックもないなど、利便性はあまりよくありません。

ナウフレッシュの基本情報

参考価格 通常価格:2.72kg/4740円(税別)
100gあたり 約174円
カロリー 359.8kcal/100g
メイン食材 ターキー生肉
原産国 カナダ
対応年齢 成犬用
賞味期限 未開封の場合14か月、開封後は1か月
販売元 グローバルペットニュートリション
注目ポイント
  1. 新鮮食材で栄養たっぷり
  2. こだわりのSCSB製法
  3. おなかにやさしい
最安値 Amazon Rakuten

【2】ナウフレッシュの特徴

続いて、ナウフレッシュの特徴をより詳しくご紹介いたします。

①新鮮食材で栄養たっぷり


ナウフレッシュでは新鮮なお肉がメイン食材になっています。また、新鮮なベリー類、野菜、フルーツなども20種類以上使用しています。

また、使用されている油は新鮮なキャリノーラ油とココナッツオイルのみです。

②こだわりのSCSB製法

SCSBとは、”Slow Cooked in Small Batches” の略で、少量でじっくりと時間をかけ、90℃の低温で調理する製法のことを指します。

一般的なドッグフードはコストを下げるために高温で多量に調理することが多いのですが、これではタンパク質が変性してよくない成分が生まれてしまいますし、熱に弱いビタミンなどが失われてしまいます。

ナウフレッシュの製法ではそのようなことが起こらず、素材の栄養を最大限に活かすことができるのです。

③おなかにやさしい

ナウフレッシュには犬のおなかの負担になりやすい穀物が含まれていません。ちなみに、穀物の中でも小麦、大豆、トウモロコシはアレルゲンにもなりやすい食材です。そのため、ナウフレッシュを与えれば、犬の消化器官にかける負担が最小限になり、アレルギーになるリスクも低くなります。

また、ナウフレッシュには善玉菌として腸内の環境を整えるプロバイオティクスも含まれています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【3】ナウフレッシュの原材料と成分

ナウフレッシュに含まれている原材料と成分は以下の通りです。
(ピックアップ食材は緑文字マイナス食材は赤文字で表記しています。)

原材料
ターキー生肉、ポテト粉、エンドウ豆、リンゴ、乾燥全卵、エンドウ豆繊維、トマト、ポテトフラックスシード、キャノラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、天然香料(チキン由来)、サーモン生肉、ダック生肉、アルファルファ、ココナツ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、ニンジン、カボチャ、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー、ブラックベリー、パパイヤ、パインアップル、グレープフルーツ、レンズ豆、ブロッコリー、ホウレン草、カッテージチーズ、アルファルファスプラウト、乾燥チコリ根、乾燥ローズマリー、炭酸カルシウム、リン酸二カルシウム、レシチン、塩化ナトリウム、塩化カリウム、ビタミン類(ビタミンEサプリメント、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、ナイアシン、イノシトール、ビタミンAサプリメント、硝酸チアミン、d-パントテン酸カルシウム、塩酸ピリドキシン、リボフラビン、β-カロテン、ビタミンD3サプリメント、葉酸、ビオチン、ビタミンB12サプリメント)、ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、タンパク質キレート鉄、硫酸銅、タンパク質キレート銅、タンパク質キレートマンガン、酸化マンガン、ヨウ素酸カルシウム、セレン酵母)、タウリン、DL-メチオニン、L-リジン、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵生成物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵生成物、ユッカシジゲラ抽出物
成分
粗タンパク質:26%以上、粗脂質:16%以上、粗繊維質:3.5%以下、水分:10%以下、カルシウム:1.1%以上、リン:0.7%以上、オメガ6:2.5%以上、オメガ3:0.5%以上

ターキー生肉

ナウフレッシュの主原料はターキー生肉です。

ターキー(七面鳥)は、高タンパク低脂肪でアレルゲンにもなりにくい食材です。

ビタミンB2やビタミンB6、ミネラルを豊富に含んでいます。肉の中では低脂肪なほうである鶏肉よりもヘルシーであることから、低カロリーのドッグフードによく用いられています。

リンゴ

リンゴには様々な栄養成分が含まれていますが、その中でもリンゴポリフェノールは犬にも効果があります。リンゴポリフェノールには抗酸化作用があるため、犬の健康をサポートしてくれます。

ペクチンという食物繊維の一種が犬の便通を適切に保ってくれます。

ポテト

ポテトは犬にとって消化しやすい炭水化物源です。また、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

フラックスシード

フラックスシードは犬の毛並みを整えてくれます。また、関節の健康を保つ効果もあります。そして、腎臓にできる炎症を抑えることで腎臓の健康もサポートしてくれます。

また、便秘の犬に亜麻仁を与えると、フラックスシードに含まれる油が便の通りを良くし、便秘が解消されるようになります。

アルファルファ

アルファルファは、マメ科の植物です。「すべての食物の父」と呼ばれるほど栄養価が高い食材として知られています。

具体的には、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、K1、E、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、食物繊維などさまざまな栄養素が豊富に含まれています。

塩化ナトリウム

犬の塩分摂取量は人間の3割以下が目安です。塩分が多い食事を続けると、心臓や腎臓に負担がかかってしまい、さまざまな病気の原因になってしまうかもしれません。

そのため、犬は塩化ナトリウムなどで直接塩分をとるのではなく、原材料に含まれているナトリウムから塩分を摂取するのが望ましいとされています。

ドッグフードの達人
ナウフレッシュには人が食べられる品質の原材料が使用されています。

メイン食材として生肉が使用されているのもうれしいですね。犬にとって消化しにくい穀物が含まれていない点も評価できます。

ただ、塩化ナトリウムが含まれているのは少し残念です。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【4】ナウフレッシュの口コミと評判

ナウフレッシュの口コミは以下の通りです。

良い口コミ評判

喜んで食べます
現在は、レギュラーサイズをローテーションフードに入れています。
食いつきもよく、喜んで食べます。

安心して与えられます
柴2匹多頭飼いなので5.44Kgを購入。
グレインフリーですし添加物も入っていないので安心して与えられます。
粒は大きめなので、小粒だと丸呑みしてしまう愛犬も毎食カリカリといい音を立てて噛んで食べてくれています。
愛犬はすぐに下痢をしてしまうのですが、こちらのフードを与えてからはずっとしっかりした硬さのウンチをしてくれていて、愛犬にはこのフードが一番合っているみたいです!
フードの大切さを改めて実感しました。
これからも与え続けていこうと思います。

便が良くなりました
ここ1ヶ月ほどうんちが緩くてお腹が安定しない状態でしたがナウ フレッシュを食べさせてみたところだいぶ状態がよくなってきました。食いつきも良いししばらく続けて様子を見ていきたいと思います。

悪い口コミ評判

飽きてしまったようです
いくつかのフードを比べた中で一番食いつきが良かったので購入しました。
初めはよく食べてくれましたが、1ヶ月ほどで飽きてしまったようです。うんちの回数が増えたのと、においが少し気になるようになりました。

食べなくなりました
パピーと一緒にこちらもお試しで購入しました。パピーはなんとか食べてくれたのですが、アダルトに切り替えた途端、一切食べなくなりました(涙)。何が不満だったんだろう・・・。私はローテーションのひとつに加えたかっただけに、非常に残念です。やはり、我が子は普段通りオリジンしかないのかも・・・。

ドッグフードの達人
ナウフレッシュには食いつきがよいという口コミが多く寄せられています。これは、メイン食材に生肉が使用されていることが理由なのではないでしょうか。

グレインフリーなのがうれしいと感じている人もいるようです。

ただ、ナウフレッシュがあまり好みではない犬もいるようです。人と同じように、犬にも好き嫌いがありますから、これは仕方のないことだと思います。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【5】ナウフレッシュの最安値

公式サイト
Amazon
楽天市場
初回購入
通常購入 5458円 5458円
定期購入
送料 0円 0円

ナウフレッシュの公式サイトは日本語のものはないようなので、日本でナウフレッシュを購入するなら、Amazonや楽天を利用するといいでしょう。

そして、Amazonで購入しても、楽天で購入しても、特に値段の差はないようです。自分がいつも利用しているほうから購入するといいでしょう。

ちなみに、ナウフレッシュは大きなパッケージを購入したほうがお得になります。具体的な価格表は以下の通りです。

サイズ 値段(税抜)
454g 1150円
908g 2000円
2.72kg 5458円

ちなみに、ナウフレッシュにお試しパックはないので、試したい時には、一番小さい454gのパッケージを利用するといいでしょう。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【6】ナウフレッシュの与え方

この項では、ナウフレッシュの与え方について解説していきたいと思います。

給餌量

ナウフレッシュの給餌量は以下の通りです。

体重 : 一般成犬 : 活動的
1.0-2.3kg : 47-64g : 53-72g
2.3-4.5kg : 64-74g : 72-82g
4.5-9.0kg : 74-125g : 82-138g
9.0-13.6kg : 125-169g : 138-188g
13.6-23.0kg : 169-212g : 188-235g
23.0-32.0kg : 212-284g : 235-315g
32.0-41.0kg : 284-331g : 315-368g
41.0-50.0kg : 331-425g : 368-473g
50.0-64.0kg : 425-706g : 473-784g

ただ、この値はあくまで目安です。給餌量は年齢、活動量、代謝などによって異なります。愛犬に与えてみて、太ってきたら量を減らし、やせすぎてしまったら量を増やすようにしましょう。

フードの切り替え方

前のフードから、ナウフレッシュへ切り替えるときには、徐々に切り替えていくようにしましょう。

具体的には、まずナウフレッシュを前のフードに1割ほど混ぜて与えます。そして、2日目は2割程度、3日目は3割程度などと、7~10日ほどかけてナウフレッシュの割合を増やしていき、前のフードを減らしていくといいでしょう。

また、おなかが弱い犬の場合はもう少し長い時間をかけてゆっくりと移行していくようにしましょう。

もし急に新しいフードを与えてしまうと、犬のおなかがびっくりして、下痢の原因になってしまうかもしれません。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【7】ナウフレッシュの賞味期限と保存方法

いくら良いフードでも、保存方法を間違えてしまったり、賞味期限を過ぎてしまったりすると、愛犬に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

そこで、この項ではナウフレッシュの賞味期限と保存方法について解説していきたいと思います。

賞味期限

ナウフレッシュの賞味期限は未開封の場合には14か月、開封済みの場合には1か月になっています。

そして、ドッグフードは賞味期限を過ぎると酸化が進んでしまい、食いつきが悪くなってしまいますし、犬のさまざまな健康被害の原因になってしまう場合もあります。ドッグフードは賞味期限内に食べきるようにしましょう。

保存方法

ナウフレッシュは常温で冷暗所に保存するといいでしょう。

そして、温度や湿度が高い場所は避けるようにしてください。ちなみに、冷蔵庫に保存するのは避けるようにしましょう。冷蔵庫に保存してしまうと外に出したときに温度差で結露してドッグフードが湿ってしまい、それがカビの原因になる可能性があるからです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【8】ナウフレッシュの注意点

ナウフレッシュには注意が必要な点もあります。それぞれ見ていきましょう。

価格に注意!

ナウフレッシュは確かに良い原材料を用いていて、犬の体にとって良いフードになっていますが、値段は高いため、飼い主の経済的負担は大きくなってしまいます。

具体的には、ナウフレッシュは体重4.5㎏の一般成犬の場合、給餌量の目安は74gなので、1日あたり約129円になります。これは、1か月で約3900円かかる計算になります。

ただ、ドッグフードの適量は愛犬の運動量などによっても変わるため、これはあくまで目安です。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【9】ナウフレッシュの種類

ナウフレッシュには以下のようなラインナップがあります。

グレインフリースモールブリードフィッシュアダルト


グレインフリースモールブリードフィッシュアダルトは小型犬におすすめの小粒タイプのお魚メインの成犬用ドッグフードです。具体的には、ニシン、サーモン、マスがメイン食材になっています。

グレインフリースモールブリードアダルト


グレインフリースモールブリードアダルトは小型犬におすすめの小粒のターキーがメイン食材の成犬用ドッグフードです。

グレインフリースモールブリードシニア&ウェイトマネジメント


グレインフリースモールブリードシニア&ウェイトマネジメントタンパク質を十分配合しながら、低脂肪低カロリーを実現したドッグフードになっています。

小型犬でも食べやすい小粒タイプになっており、シニア犬や体重の管理が必要な犬などにおすすめです。

グレインフリーパピー


グレインフリーパピーは幼犬用のドッグフードになっています。幼犬の成長に必要なタンパク質が多く含まれており、ターキーがメイン食材のドッグフードです。

グレインフリーアダルト


グレインフリーアダルトはターキーメインの成犬用ドッグフードになっています。ナウフレッシュの中でも特に人気のあるラインナップになっています。

グレインフリーシニア&ウェイトマネジメント


グレインフリーシニア&ウェイトマネジメントは高タンパク低脂肪のターキーメインドッグフードになっています。体重管理が必要な犬やシニア犬などにおすすめです。

グレインフリーフィッシュアダルト


グレインフリーフィッシュアダルトはマス・ニシン・サーモンをメイン食材として使用した成犬用ドッグフードになっています。

グレインフリースモールブリードパピー


グレインフリースモールブリードパピーはターキーメインでタンパク質を豊富に配合したドッグフードになっています。小型犬でも食べられるよう、小粒タイプになっています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【10】ナウフレッシュのQ&A

その他、ナウフレッシュによくある質問をまとめました。

Q①:粒の大きさはどのくらいですか?


ナウフレッシュの粒は直径7mmほどの丸形になっています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

スポンサードリンク