ドッグフードの原材料表示について|見かたと危険な原材料を解説!

ドッグフードの基本

みなさんがドッグフードを選ぶとき大切にしていることは何でしょうか。

これにはさまざまな答えがあると思いますが、実は、ドッグフードを選ぶときに一番大切なのは原材料なのです。

原材料を見れば、そのドッグフードの品質がどれくらいのものなのか、だいたい知ることができます。

 

しかし、「原材料が大事と言われても、どう見たらいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、よいドッグフードを選ぶために、原材料をどう見たらよいのか解説していきたいと思います。

原材料はとても大切

ドッグフードを選ぶときに原材料はとても大切です。

原材料には原則含まれているすべての原材料が書かれており、基本的には重い順に表記されています。

そして、ドッグフードにはさまざまな粗悪な原材料、危険な添加物などが使用されている場合があります。

注意深くパッケージを見るべきでしょう。

ドッグフードの表示義務とは


実は、ドッグフードをはじめとするペットフードのパッケージには、法律によって必ず書くように決められていることがあります。

ちなみに、その法律は「ペットフード安全法」です。

まず、原材料に限らず、ドッグフードのパッケージに書かなければならないことについて見ていきましょう。

 

ドッグフードのパッケージに書かなければならないのは、ドッグフードの名称、原産国名、賞味期限、事業者名、事業者名の住所、そして原材料名です。

また、これは法律で表示する義務があるわけではありませんが、ペットフード公正取引協議会の会員は、自主的に以下の項目も表示することになっています。

  • ドッグフードの目的:総合栄養食、おやつなど、どのような目的のフードなのか
  • 給与方法:そのドッグフードの与え方
  • 成分:そのドッグフードにどの成分がどのくらい含まれているのか

ちなみに、ペットフード公正取引協議会とはペットフード業界の自主基準を制定している団体で、この自主基準を破ったとしても特に罰則などはありません。

ただ、これらの表示についてはきちんと行っている会社がほとんどです。

原材料の表示義務

さて、ここからは原材料の表示義務について細かく見ていきましょう。

まず、大まかに言うと、ドッグフードのパッケージには原則として、使用したすべての原材料を日本語で表示する義務があります。

ちなみに、原材料の中には添加物も含まれています。

 

ただ、これには例外があり、加工助剤については表示しなくてもよいことになっています。

ちなみに、加工助剤とは、食品添加物のうち、以下の3つの条件のいずれかに当てはまるもののことです。

  1. 最終的に食品が完成する前に除去されてしまうもの
  2. 食品が完成する前に、食品中に通常含まれるような成分に変わってしまい、なおかつその成分の量を大きく上昇させないもの
  3. 最終的にごくわずかな量しか含まれないもの

 

また、原材料の具体的な表示にもルールがあります。

まず、一部の原材料に関しては分類のみ表記することができますが、それは以下のものだけです。

  • 穀類
  • イモ類
  • でん粉類
  • 糖類
  • 種実(しゅじつ)類
  • 豆類
  • 野菜類
  • 果実類
  • キノコ類
  • 藻(も)類
  • 魚介類
  • 肉類
  • 卵類
  • 乳類
  • 油脂類

ちなみに、魚介類は、魚やそれを加工した原材料しか用いておらず、貝や甲殻類などが含まれていない場合には「魚類」と表記することができます。

また、肉類は「畜肉(ちくにく)類」と表記することもできます。また、肉類は家きんに由来する原材料しか用いていない場合には、「家禽(かきん)類」「家きん類」などと表記することができます。

ちなみに、家きんとは肉や卵などを利用するために飼育されている鳥の総称です。

 

また、添加物について、以下のリストの中に含まれているものはその添加物の用途と、具体的な添加物の名前のどちらも表記する義務があります。

  • 甘味料:食品に甘みをつけるために用いられる添加物
  • 着色料:食品に色をつけるために用いられる添加物
  • 保存料:食品を長くもたせるための添加物
  • 増粘(ぞうねん)安定剤:食品にねばり気などをつけるための添加物
  • 酸化防止剤:食品の酸化を防ぐための添加物
  • 発色剤:肉類の色を鮮やかに見せるための添加物

たとえば、酸化防止剤としてエトキシキンを使用した場合、「酸化防止剤(エトキシキン)」と表記する必要があります。

ただ、着色料で添加物の物質名に色の文字が含まれている場合、用途名の表示を省略することができます。

たとえば、赤色40号という赤に着色する添加物を使用している場合、「赤色40号」とだけ表記すればいいのです。

また、増粘安定剤について、多糖類を複数使用する場合には、「増粘多糖類」と表記し、添加物の物質名を表示しなくてもいいことになっています。

 

そして、添加物の中には使用する目的を表す一括名だけを記し、具体的な物質名を明記しなくてもいいものもありますが、それができるのは以下の一括名を持つ添加物のみです。

  • イーストフード:パンなどに含まれるイースト菌を発酵させるための添加物
  • かんすい:小麦粉に柔らかさや弾力性を持たせるための添加物
  • 酵素:酒、パン、チーズなど酵素の働き利用して製造される食品に含まれています
  • 光沢剤:食品の表面を保護して光沢を与えるための添加物
  • 香料:食品に香りをつけるための添加物
  • 酸味料:食品に酸味を与えるための添加物
  • 調味料:食品に味をつける人工的な添加物のこと
  • 豆腐用凝固剤:豆腐を固めるための添加物
  • 苦味料:食品に苦味をつけるための添加物
  • 乳化剤:水と油のように混ざり合わないものを混ざりやすくする添加物
  • pH調整剤:食品のpHを調整するための添加物
  • 膨張剤:小麦粉から作られる食品などをふくらませるための添加物

 

また、ドッグフードの内容量が100g以下の場合、もしくは原材料について表示することが可能な面積が120平方cm以下の場合には「ビタミン類」「ミネラル類」「アミノ酸類」などと表記することができます。

しかし、この条件に当てはまらない場合には、きちんと具体的な添加物名を表記しなければなりません。

そして、添加物について、原材料を製造するときに添加された添加物について、ドッグフードのパッケージに表記する必要はありません。

 

また、ペットフード安全法に原材料を記載する順序の規定はありませんが、多い順に記載するのが望ましいとされています。

そして、ペットフード公正取引協議会の会員は、原則として原材料を多い順に記載しています。

原材料表示の注意点


原材料の表示については、以下のような注意点があります。

第一原材料に注意!


ドッグフードの原材料は基本的に多い順に表記されています。

そのため、一番上に表記されている原材料が一番多く使用されていることになります。

ちなみに、一番上に表記されている原材料のことを第一原材料と呼びます。

そして、第一原材料として何を使用しているかはとても大切です。

 

犬は肉食寄りの雑食動物なので、第一原材料には肉や魚などの動物性タンパク質源が使用されているのが望ましいです。

逆に、第一原材料にトウモロコシや米などの穀物が使用されている場合、そのドッグフードは低品質なものである可能性が高いでしょう。

また、動物性タンパク質源を用いていても、「肉類」などあいまいにしか表記されていない場合には注意が必要です。

その理由については次の項で解説していきたいと思います。

あいまい表記に注意!

ドッグフードのあいまい表記には注意する必要があります。

原材料を明確に書かないのは明確には書けないようなものを用いているからです。人間用には用いることができないような粗悪な原材料が用いられているのかもしれません。逆に、もし良質な材料を用いているなら明確に書くはずです。

そのため、あいまいな表記をしている原材料を用いているドッグフードには注意する必要があるでしょう。

ごまかしに注意!

先ほど、原材料は基本的に重量順に表記されるという話をしました。分類名にして表記できる原材料もあるということもご理解いただけたと思います。

これらの仕組みにより、消費者はどの原材料がどの程度使われているのか理解することができます。

しかし、実は原材料の順番をルールを守った上で操作する裏技があります。

 

たとえば、以下はあるドッグフードの原材料名の一部です。

家禽類(チキン、ターキー、他)、粗びきコムギ、トウモロコシ粉、動物性油脂、粗びきグレインソルガム、発酵用米、粗びきオオムギ、鶏エキス、乾燥ビートパルプ(以下省略)

消費者はこの原材料を見たとき、何が一番多く使われていると思うでしょうか。チキンやターキーなど、鳥の肉が一番多く使われていると思うことでしょう。

しかし、実際に一番多く使われているのは、粗びきコムギだと思われます。動物の肉が一番多く使われているほうがイメージがよいため、家禽類だけ分類名表記にして、原材料の表示順を高くしているのです。

 

分類名を使わなかった場合の原材料表示は以下のようになると思われます。

粗びきコムギ、トウモロコシ粉、チキン、ターキー、家禽類、動物性油脂、粗びきグレインソルガム、発酵用米、粗びきオオムギ、鶏エキス、乾燥ビートパルプ(以下省略)

 

また、好ましくない原材料を細かくわけて、順位を下げることもできます。

たとえば、以下もあるドッグフードの原材料の一部です。

肉類(鶏・鶏ササミ・鶏レバー)、小麦粉、でんぷん類、脱脂大豆、砂糖、植物性油脂、小麦たん白小麦ブラン(以下省略)

 

このドッグフードの場合、小麦関係の原材料が緑色をつけた3つありますが、「穀類」などの名前でまとめずに書かれています。

おそらく、3つの原材料をまとめてしまうと肉類より多くなってしまうのでしょう。

そして、小麦は消化に悪くアレルゲンにもなりやすいため、イメージの悪い食材です。

 

このように、ドッグフードの表示順は操作できるということは覚えておくべきでしょう。

粗悪な原材料に注意!


以下のリストの中にある原材料が用いられている場合、そのドッグフードを購入するのはおすすめできません。

これらの原材料にはいわゆる4Dミート(※)などのような、人間用には使用することができない粗悪なものが使用されている可能性があります。

ちなみに、ドッグフードにはこれ以外にも粗悪な原材料が用いられている可能性があるものもありますが、粗悪な原材料かどうか見わける方法は、「どのくらいあいまいな表記か」です。

上でも解説しましたが、あいまいな表記をしているほど、粗悪な原材料である可能性は高まります。具体的には書けないような原材料を用いている可能性が高いからです。

4Dミートとは

4Dミートとは、アメリカでは肉のランク付けで食品として不適格な肉類だとされるような、最低ランクの肉のことです。

具体的には、以下の4つの肉が当てはまります。

  1. Dead:死んでしまった
  2. Diseased:病気だった
  3. Dying:死にかけだった
  4. Disabled:障害のあった

Dead, Diseased, Dying, Disabled はすべて頭文字がDなので、4Dと呼ばれているのです。

添加物に注意!


ドッグフードの中には、添加物を用いていないものも多いですが、特に安いドッグフードの場合は添加物を用いていることが多いでしょう。

そして、ドッグフードは犬は毎日食べるものなので、たとえ安全と言われている添加物でも、長期的に摂取していくと何らかの影響が出てきてしまうかもしれません。

また、ドッグフードの中には人間用には使用できないような添加物、人間用には認められていないような量の添加物が含まれているかもしれません。

以下のような添加物が用いられていた場合、購入するのはおすすめできません。

 

エトキシキンやグリシリジンアンモニエートは人間用には使用できない添加物なので、特に注意が必要です。

さて、次はそれぞれの添加物の目的について見ていきましょう。

酸化防止剤

酸化防止剤とは、物質の酸化を防ぐために配合される成分です。

犬はもともと肉食の生物なので、ドッグフードには肉類が多く含まれています。肉類にはもちろん油が含まれていますが、油は酸化しやすい物質です。光や酸素などに触れてしまうとすぐに酸化してしまいます。

そして、酸化するとドッグフードの味が落ちてしまい、食いつきも悪くなってしまいます。また、嘔吐や下痢などが引き起こされてしまうこともあります。

これを防ぐのが酸化防止剤です。酸化防止剤は物質の酸化を防いでくれるのです。

 

そして、酸化防止剤には天然由来のものと化学的に合成されたものがあります。

ビタミンC、ビタミンE、ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物など天然由来のものなら安心です。

しかし、エトキシキン、BHA、BHT、没食子酸プロピルなど化学的に合成された酸化防止剤は危険だと言われています。

保存料

保存料とは、食品の腐敗や味の変化などの原因となる微生物の増殖を抑え、より長い間保存できるようにするために添加される物質のことです。

ちなみに、微生物を殺すことが目的ではないので、すでに微生物が繁殖してしまった状態では意味がありません。微生物が増えてしまう前に添加される必要があります。

そして、ドッグフードは比較的長期間保存する必要がある食べ物なので、安いドッグフードには保存料が使われていることが多いです。

しかし、保存料は犬の体にとって必要のないものです。保存料の中には危険性の高いものと低いものがありますが、どちらが添加されていたとしても、そのドッグフードを選ぶのはやめておいたほうがいいでしょう。

保湿剤

保湿剤とは、食品の水分を保ち、乾燥するのを防ぐための添加物です。

その性質からもともと乾燥しているドライフードに使用されることは少ないですが、成分量が多いセミモイストタイプ、ウェットタイプのドッグフードなどには使用されていることが多いでしょう。

発色剤

発色剤とは、その添加物自体は色を持たないが、肉類の色を鮮やかにすることができる添加物のことです。

発色剤としては亜硝酸ナトリウムがとても有名で、さまざまなところで使用されています。

特にソーセージなどの加工肉に使用されていることが多いでしょう。ソーセージの鮮やかなピンク色は、亜硝酸ナトリウムによって人工的に作り出されたものなのです。

 

そして、犬と人間の視覚には異なる部分があり、たとえ色が鮮やかになっていても犬の食いつきに変化はないと言われています。

つまり、発色剤が使われていても、犬にとってはなんの意味もないのです。

甘味料

甘味料は文字通り、食品に甘い味をつけるために使用される添加物です。人間用の食品にももちろん使用されていますが、ドッグフードに使われていることもあります。

ちなみに、ドッグフードに甘味料を使用する目的は、人間より甘さに鈍感な犬でも感じられる甘さをつけ、食いつきをよくするためです。

いくらよい素材を使っていても、犬が食べてくれなくては売れないので、食いつきのよさはドッグフードにとって重要だと言えます。

 

ただ、犬の体に人工添加物は不要であり、添加物が入っていても食べる側に特にメリットはありません。そして、ドッグフードに甘味をつけたいのであれば、人工添加物ではなく、はちみつなどを使うべきです。

それ以上に、甘味をつけなくてもおいしい肉の味がすれば犬の食いつきはよくなります。

こんな背景がありながらドッグフードに人工的な甘味料が使用されるのは、人口甘味料のコストが安いからです。

そのため、人工的な甘味料が使用されているドッグフードは避けたほうがいいでしょう。

着色料

着色料とは、食品に色をつけるために用いられる添加物です。人間用の食品にもよく使用されますが、ドッグフードに使用されることもあります。

そして、人間は視覚が発達しており、おいしそうな色を見ると食欲がそそられるため、着色料は効果的です。

しかし、犬は人間ほど視覚が発達しておらず、主に嗅覚(きゅうかく)でおいしい食べ物かどうかを判断しています。

そして、実験により、着色料を使用しても犬の食いつきに変化はないことが明らかになっています。つまり、着色料が使用されていても、犬にとっては何の意味もないのです。

 

それにもかかわらずドッグフードに着色料が含まれているのは、飼い主においしそうなドッグフードだと認識してもらい、買ってもらうためです。

そして、着色料の中には天然のものと合成のものがありますが、ドッグフードに含まれているのはたいてい危険な合成着色料です。

その理由は簡単で、合成着色料のほうが安いからです。

このような着色料が含まれているドッグフードは選ばないほうが愛犬のためです。

その他注意が必要な原材料

上記にあげたもの以外にも、注意すべき原材料はあります。それぞれ見ていきましょう。

小麦

小麦が犬にとってよくない理由は主に3つあります。

1つ目はアレルゲンになりやすいことです。

2つ目はグルテンがとても消化に悪いことです。

3つ目は血糖値が上がりやすい高GI食品であることです。

 

このようなデメリットが有りながら、小麦は小麦粉、小麦ふすま、小麦全粒粉などさまざまな形でドッグフードに含まれています。

それは、小麦がとても安価な原材料だからです。

これらのことから、小麦が含まれているドッグフードは犬に与えないほうがいいでしょう。

とうもろこし

とうもろこしは小麦と同じように犬の消化によくない食べ物なので、犬へ与えるのにあまり適していません。

そして、とうもろこしはまだよい方なのですが、とうもろこし粉、コーングルテン、コーングルテンフィード、コーングルテンミールなどの形で入っていた場合には、ますます犬に与えるべきではありません。

なぜなら、これらの原材料ははアレルゲンになりやすく、消化に悪く、遺伝子組み換え作物が用いられている可能性もあるからです。

しかし、とうもろこしは小麦と同じように安価なので、安いドッグフードにはよく用いられています。

大豆

大豆は小麦と同じように犬の消化によくない食べ物なので、犬へ与えるのにあまり適していません。

そして、大豆はそのまま入っていたらまだよいのですが、脱脂大豆、大豆ミールなどの形で入っていたら、犬に与えるべきではありません。

なぜなら、大豆ミールとは、大豆から油脂や有用な成分を搾り取った残りカスのことで栄養がほとんど含まれていないことが多く、大豆の油を抽出するときの薬品が残留していたりする場合もあるからです。

そして、こちらも安価なため安いドッグフードには含まれていることが多いでしょう。

動物性油脂

動物性油脂は通常は廃棄されるような質の低い肉から作られていると考えられています。

そんな動物性油脂が添加されるのは、コストを下げたり、犬の食いつきを良くしたりするためです。

ただ、動物性油脂は腐敗しやすく、危険な酸化防止剤が使われている可能性もあります。

そのため、犬に与えるべきではありません。

実際の原材料表示の例


さて、ここまで解説してきた知識を使って、実際に原材料を分析してみましょう。

以下の原材料は「銀のさら」という実際に発売されているドッグフードです。CMなども多いので、知っている人も多いのではないでしょうか。

穀類(小麦粉、トウモロコシ等)、糖類(ブドウ糖果糖液糖、ショ糖)、肉類(ビーフミール、チキンエキスパウダー、チキンミール、ササミパウダー等)、動物性油脂、豆類(脱脂大豆等)、フィッシュミール、ビール酵母、野菜類(ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、チーズパウダー、プロピレングリコール、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、リン、亜鉛)、グリセリン、乳化剤、保存料(ソルビン酸K)、リンゴ酸、調味料、増粘安定剤(アルギン酸エステル)、着色料(二酸化チタン、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

以下に空白を設けるので、みなさんもどの原材料がよくないのか考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

さて、みなさんはいくつ見つけられたでしょうか。答え合わせをしてみましょう。

赤色になっているものがこの記事で解説した、犬にとってよくない原材料です。

穀類(小麦粉トウモロコシ等)、糖類(ブドウ糖果糖液糖、ショ糖)、肉類(ビーフミールチキンエキスパウダーチキンミールササミパウダー等)、動物性油脂、豆類(脱脂大豆等)、フィッシュミール、ビール酵母、野菜類(ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、チーズパウダー、プロピレングリコール、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、リン、亜鉛)、グリセリン、乳化剤、保存料(ソルビン酸K)、リンゴ酸、調味料、増粘安定剤(アルギン酸エステル)、着色料(二酸化チタン赤色106号黄色4号黄色5号青色1号)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

有名な銀のさらにもこれだけのよくない原材料が含まれています。有名だからといってよいドッグフードとは限らないのです。

これから愛犬のドッグフードを選ぶという人は、原材料についても気にしてみてはいかがでしょうか。

ドッグフードの達人
ドッグフードを選ぶときに一番大切なのは原材料です。

危険な原材料や添加物について知っておきましょう。

スポンサードリンク