ドッグフードの基本

飼い主は知っておきたい!犬が好きな食べ物と嫌いな食べ物を紹介

「犬にも好き嫌いはあるの?」
「愛犬が好きな食べ物をあげたい!」

そう思っている方も多いのではないでしょうか。

また、いつも同じ食材ばかりあげていると、飽きてしまうこともありますよね。犬が好きな食べ物と嫌いな食べ物を知っておけば、柔軟に対応することができます。

そこで、この記事では犬の好きな食べ物と嫌いな食べ物について詳しく解説します。

この記事は、人間が食べる食べ物を犬に与えることをおすすめするものではありません。

前提として、犬にはドッグフードを与えることが基本です。ドッグフードには、犬に必要な栄養素が含まれているからです。

あらかじめご了承ください。

犬が好きな食べ物

犬が好きな食べ物は、以下のように分類できます。

  • 甘みが強いもの
  • タンパク質が豊富なもの
  • 塩分が多いもの
  • 乳製品
  • その他

それぞれ詳しく見ていきましょう。

甘みが強いもの:バナナやさつまいも

犬は、甘みが強い食べ物を好みます

特に、人工的な甘さではなく、甘い野菜や果物などの自然な甘味が大好物です。

野菜 さつまいも
じゃがいも
かぼちゃ
キャベツ
果物 バナナ
りんご

みかん
お菓子 ケーキ
クッキー

キャベツの芯は甘みが強いため、細かく切って与えると喜ぶでしょう。また、生ではなく茹でて与えるのもおすすめです。

しかし、食べ過ぎると消化不良を起こして下痢になる可能性があるため、食べさせる量に注意しましょう。

人工甘味料を多く含む甘いお菓子も売られていますが、食べ過ぎると肥満や歯周病などの原因になる可能性があります

砂糖を摂り過ぎないように注意しましょう。

タンパク質が豊富なもの:肉や魚

犬は、タンパク質を豊富に含む食べ物も好みます

特に、動物性タンパク質が豊富な肉や魚、卵を好みます。

上記の他にも、煮干しなどの加工品も好みますが、塩分が多く含まれているため犬に与えるのはあまり適していません。

どうしても与えたい場合は、ペット用の塩分控えめのものを与えるのがおすすめです。

塩分が多いもの:パンやソーセージ

犬は、塩分が多い食べ物も好みます

具体的には、ハムやソーセージなど肉の加工品、チーズやパンです。

ただし、犬に必要な塩分は少量であるため、どれも与え過ぎるのはよくありません。

また、以下のようなデメリットもあります。

ハム
塩分が多い
添加物が多い
ソーセージ
チーズ塩分が多い
パン塩分が多い
犬の消化に悪いグルテンが含まれている

どうしても与えたい場合は、上記の中でデメリットが「塩分が多い」だけのチーズを少しだけ与えると良いでしょう。

乳製品:ミルクやヨーグルト

犬は、乳製品も好みます

具体的には、以下のようなものです。

ただし、ミルクといっても人間が飲むような牛乳のことではありません。

犬に牛乳を与えるとお腹を壊す可能性がありますので、ヤギ乳や犬用に発売されているミルクなどを与えましょう。

また、ヨーグルトは無糖でプレーンのものなら与えても問題ありません。

その他:きゅうりや納豆

犬は、他にも以下のような食べ物を好みます。

犬が嫌いな食べ物

犬が嫌いな食べ物は、以下のように分類できます。

  • 酸味が強いもの
  • 苦みが強いもの
  • 辛いもの
  • 独特な匂いがするもの

それぞれ詳しく見ていきましょう。

酸味が強いもの:レモンやお酢

犬は、酸味が強い食べ物を嫌います

なぜなら、レモンなどの柑橘類や、お酢などの酸っぱい匂いが苦手だからです。

柑橘類 レモン
グレープフルーツ
みかん
オレンジ
その他 梅干し
アルコール類
お酢

みかんは甘みも強いため、好むこともあります。ただし、柑橘類の皮は犬の消化に良くないため、中身だけ与えましょう。

上記の中では、特にアルコール類は犬に与えないように注意しましょう。

犬にはアルコールを分解する酵素がないため、急性アルコール中毒になってしまう可能性があります。

苦みが強いもの:ネギやコーヒー

犬は、苦みが強い食べ物も嫌います

具体的には、以下のようなものです。

食べ物 ネギ
タマネギ
ゴーヤ
カカオ
チョコレート
飲み物 コーヒー
カフェオレ

苦味が強い食べ物を犬に与えるのはとても危険です。

そもそも苦味が強い食べ物は苦手な犬が多いため、口にすることは少ないかもしれませんが、間違って与えないように気をつけましょう。

また、好奇心旺盛な子犬や、散歩中の誤飲などに注意しましょう。

辛いもの:トウガラシやワサビ

犬は、辛い食べ物も嫌います。

具体的には、以下のようなものです。

辛い食べ物も、苦味が強い食べ物と同じく、犬に与えるのはとても危険です。

犬に与えると胃腸が刺激され、下痢や嘔吐やを引き起こす可能性がありますので注意しましょう。

独特な匂いがするもの:ソラマメ

犬は、独特な匂いがする食べ物も嫌います

具体的には、以下のようなものです。

ソラマメは与えても良い食材ですが、匂いが独特であるため苦手な犬が多いようです。

匂いが強い葉物野菜には、ネギなどが該当します。

犬に食べ物を与えるときの注意点

犬に食べ物を与えるときの注意点には以下のようなものがあります。

  • 事前に与えられるものと適量を調べる
  • 好き嫌いには個体差がある

それぞれ見ていきましょう。

事前に与えられるものと適量を調べる

犬に食べ物を与えるときは、事前に「与えられるかどうか」と「与えても良い適量」を調べることが大切です

犬には、与えると危険な食材があります。愛犬の好き嫌いだけではなく、犬に与えても良いかどうかを調べてから与えましょう。

また、与えて良い食材であっても、適量や与え方は食材によって異なります。

各自の判断ではなく、正しい知識を確認したうえで与えるようにしましょう。

犬に与えるのは危険!注意すべき食べ物と病院で行う処置も解説犬にドッグフード以外の食べ物を与える時、「これはあげてもいいのかな?」と悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか。 犬は雑食のため...

好き嫌いには個体差がある

犬に食べ物を与えるときは、好き嫌いには個体差があることも覚えておきましょう

好き嫌いはあくまでも傾向であるため、全ての犬に当てはまるわけではありません。

一般的に犬が好きな食べ物だからといって、無理に与えるのは避けましょう。

犬に味覚はある?シニア犬になると衰える?人間との違いを詳しく解説「人間と同じように、犬にも味覚はあるの?」という素朴な疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 味覚があるのなら、愛犬が美味し...

まとめ

以上、この記事では、犬の好きな食べ物と嫌いな食べ物について解説しました。

最後にポイントをおさらいしましょう。

好きな食べ物 甘みが強いもの
タンパク質が豊富なもの
塩分が多いもの
乳製品
その他
嫌いな食べ物 酸味が強いもの
苦みが強いもの
辛いもの
独特な匂いがするもの
注意点 事前に与えられるものと適量を調べる
好き嫌いには個体差がある

愛犬に好きな食べ物を与えて、喜んで食べてくれると良いですね。

一方、犬の嫌いな食べ物には、食べると危険な食材も多いため、誤って与えないように注意しましょう。

こんな記事もおすすめ